17年度の新車販売、外国メーカー車の割合は? 「2018年3月に売れたインポートカー」

2018.04.06

恒例の新車販売クイズです。2017年度(2017年4月〜2018年3月)の登録車の新車販売。それに占める外国メーカー車の割合は? 30万台超えになった原因と、今年3月単月の販売台数ランキングをレポートします。

Q:2017年度の登録車の新車販売。外国メーカー車の割合は?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

A:9.1%と過去最高を記録。台数も30万3920台と、21年ぶりの高水準に

ドイツブランドを中心に販売が堅調に推移したことに加え、今年度後半に日産とSUBARUの完成検査不正問題が発覚して国産車全体の販売成績が伸び悩んだことが、外国メーカー車のシェアの伸びにつながった。

外国メーカー車の新規登録台数 3カ月連続マイナス

輸入車の新車販売は外国メーカー車で勢いが鈍化しているようだ。日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた3月の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比1.8%減の3万9056台と3カ月連続で前年割れを記録。日本メーカー車含でも同0.7%減の4万6281台と、8カ月ぶりのマイナスとなった。登録車に占める輸入車のシェアは、日本車が低調だったために8.9%と高レベルを維持する。

一方、2017年度(2017年4月〜2018年3月)の外国メーカー車の新規登録台数では前年比1.7%増の30万3920台を達成。前年超えは3年連続。登録車に占める輸入車のシェアも前年比0.2%増の「9.1%」に達し、過去最高を更新する。また、日本メーカー車含でも同1.3%増の35万1363台と前年実績を上回った。


輸入車市場の動向についてJAIA関係者は、「3月の外国メーカーの新車販売は車両価格の引き上げなどもあり、3カ月連続で前年実績を下回った。一方、日本メーカー車は好調をキープし、前年同月比6.0%増の7225台を成し遂げる。牽引したのはトヨタホンダで、トヨタはハイラックスの新規導入などの効果で同34.6%増の2467台で全体の第6位、ホンダは新型シビックや新型NSXの導入で同4736.4%増の1596台で第9位に入った。


価格帯別では400万円以上1000万円未満が前年同月比9.7%増を記録したものの、400万円未満は同15.4%減、1000万円以上が同10.9%減と低調に推移する。台数で見ると400万円以上1000万円未満が1万7271台だったのに対し、400万円未満が1万6925台と、前月と同様にボリュームゾーンが逆転した。登録台数の22.2%と高いシェアを記録したディーゼル車やラインアップの拡充が顕著なSUVモデルなどが400万円以上1000万円未満の価格帯に多いことが、この成績に表れている」と説明した。

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

自動車ニュースの人気画像