自動車メーカー同士のコラボ 成功例、失敗例、醜い例 前編

2018.05.05

サマリー

開発コスト削減のため、複数のメーカーが協力して1台のクルマを開発することは現代では珍しくありません。しかし、それには成功例、失敗例さまざまあります。ここではそのいくつかの例を紹介します。この前編に登場するのはすべて成功例となっています。

メーカー同士の協力はうまくいくこともあるが、いつもそうとは限らない。

長年にわたって自動車メーカーと第三者とがコラボして画期的なクルマが世に送り出されてきた。しかし、物事は常に計画通り進むばかりではなく、共同開発のせいで台無しになることもある。ここで紹介する25台のクルマは、2社(あるいは3社)が協力すると良い結果が生まれることを示しているが、逆にいつも期待通りにいくわけではないことも示している。まずは成功例から見ていこう。

 

人気記事