サンヨン・ロディアス

公開 : 2013.03.06 13:16  更新 : 2021.03.05 21:35

サンヨンはジュネーブ・モーターショーで第2世代となるロディアスを発表した。

韓国のこの自動車会社は、ロディアスのために1億6500万ドル(153億円)の開発予算を掛けたという。

エクステリアでは新しいヘッドラントとパンパーが特徴的。大胆なスタイルだが「強さと流動性」を兼ね備えたものだとサンヨンは主張する。

3000mmという長いホイールベースによって、シートは3列が確保されている。そのうち、リアの2列のシートは取り外すことが可能で、2列目のシートはピクニック・テーブルになるという。ブート・キャパシティは現時点では公表されていない。

エンジンは1種類。トランスミッションは2種類。153bhp、36.6kg-mのe-XDI2000ディーゼルと、6速マニュアル、またはメルセデスせいの5速オートマティックが組み合わせられる。MPVには珍しく、RWDが標準で、4WDがオプションとなる。

サスペンションは、リアがマルチリンクが採用され、ボディ・コントロールが改善されたという。

正確な価格等は2013年後半に発表される予定だ。
 
 
ジュネーブ・モーターショー特設ページ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事