ポルシェ911スピードスター・コンセプト発表 991.2世代、最後か 画像14枚

公開 : 2018.06.09 09:18  更新 : 2018.06.09 10:08

ポルシェは、次期911スピードスターのコンセプトを公式に発表しました。現行991.2世代における最後の派生モデルとなるでしょう。GT3の自然吸気4.0ℓフラット6搭載の予想は変わらず。コンセプトカーのボディはカレラ4カブリオレをベースにカーボンを多用しています。

もくじ

991.2型スピードスター エンジン/価格は?
新型スピードスター 意匠はクラシカルに
番外編:米国発スピードスターのヒストリー

991.2型スピードスター エンジン/価格は?

ポルシェは、次期911スピードスターのコンセプトを公式に発表した。現行991.2世代における最後の派生モデルとなるだろう。

製品版については慎重な姿勢を崩さぬポルシェだが(市販化を進めるか否かの判断は、今後数カ月以内に決定される)、事実、ドイツではテスト車がたびたび目撃されている。

なおAUTOCARは、GT3の自然吸気4.0ℓフラット6を基本とするエンジンを搭載すると考え、
・500ps以上
・9000rpmまで回るユニット
という2点は、今回の発表で正しい予想だったことがわかった。

コンセプトモデルは6速マニュアルを使用。GT3との共通点が増えるのであれば、この選択は順当。あるいは7速PDKの採用も考えられる。

来年には製品版が発表されるのではないだろうか。997世代のスピードスターがわずか356台しか生産されなかったことから、991.2世代も少量の生産に留まるだろう。

なお、997世代がGT3より5万ポンド(734万円)高価だったことを考えると、991.2世代の欧州価格は15万5000ポンド(2275万円)を超えてきそうだ。

それではコンセプトのディテールを見てみよう。

関連テーマ

人気テーマ