ポルシェ911スピードスター・コンセプト発表 991.2世代、最後か 画像14枚

公開 : 2018.06.09 09:18  更新 : 2018.06.09 10:08

新型スピードスター 意匠はクラシカルに

コンセプトカーは911カレラ4カブリオレのボディを基本とし、リアのトノカバーやフロントのボンネットはカーボン製。バケットシートも同様。

以下3点の装備は省略されている。

・ナビゲーション
・オーディオ
・エアコン

1950年代に見られたディテールがそこかしこにあり、ボンネット中央のフューエルタンク・キャップもその一例。タルボ形状のドアミラーもクラシカルなものに置き換わっている。

十字型のような効果を生み出すヘッドライトカバーの表面処理はポルシェ・モータースポーツの黎明期に普及した、飛び石による破損を防ぐためヘッドライトにテーピングを施すという慣例への敬意を表したものだという。

ワイドなBピラーと車体後部は、圧延金メッキされた「Speedster」のレタリングで飾られている。

シート後部からトノカバーへとつながる意匠は、言うまでもなく1988年以来のスピードスターからヒントを得たものである。

「スピードスター」と名の付くモデルの例に漏れず、フロントウインドウは短く、そして倒されている。

シャシーは911 GT3由来で、フックスデザインの21インチホイールはハイグロスポリッシュのクローバーリーフが細かなコントラストを生み出している。このタイプのホイールとしては、初めてセンターロック方式を採用しているのもポイント。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事