コラム&エッセイ

2018.05.20

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

皆さま、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。つい先日、こんなメールがきたのです。「社会人2年目で空冷ポルシェを買いました」。これは会うしかない。そう思った僕たちは、夜の首都高に集まりました。

第63話:社会人2年目で空冷ポルシェを買ったツワモノあらわる。

引きつづき、ポルシェ356クラブ会長のスズキさんの実況は「第62話:スズキ会長、ポルシェ356でドイツへの自走の旅。」からご覧いただけます。

 

photo:@masamaxy

もくじ

「仲良し」が増えた!
「クウレイ」という魔法
そして夜がふけるまで

「仲良し」が増えた!

このまえの休日、僕たちは歓迎ムードだった。

「僕たち」というのは
Tさん(GT4から991 GTSを経て991.2 GT3)
Mくん(718ケイマン)
そして、僕である。
いずれもこの「シャカイチ」に
出演してくれた面々でみんな20歳代だ。
あれ以降、僕たちはすっかり仲良くなり、
皆それぞれ必死に働いているから
夜遅くに集まることばかりだけど
時間を見つけては一緒に走り
クルマについて語り合っている。

Iくんは、
(987ボクスターから
 今は981ボクスターに変わった)
帰省渋滞で間に合わなかった。
こればかりは残念に思う。

だれを歓迎するかというと、
Hくんである。

Hくんから初めてメールがきたとき、
僕たちは目を丸くした。
1992年生まれの彼は、
大学院や留学を経て、
社会人2年目(彼は「シャカニ」と書いていた)で
空冷ポルシェを買ったのだった。

930(3.2のカレラ)をベースに
ナロー風に仕上げたもので
(完ぺきに作ろうとした場合
 たいへんな労力を要するのだそうだ)
「ローンが通るわけないと思っていたら
 通ってしまったので買うことになりました」
と書いてあった。600万円だったという。

関西から中部地方に転勤したのだけど
実家のある東京都内に帰省するため
「どうにか会いませんか」というものだった。

会わない理由がどこにあろうか!

というわけで、
僕たちは4人で
夜の辰巳PAに集まった。

next page「クウレイ」という魔法

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ