ランボ 自然吸気V12、V10継続を明言 スポーツモデルはターボ化せず

公開 : 2018.06.22 17:10  更新 : 2018.07.12 20:02

ランボルギーニが、自然吸気V12、V10エンジンの「継続」を明言しました。ウルスとは異なり、スポーツモデルでは気筒数を減らしたり、ターボ化をしない方針です。一方で、ハイブリッド・アシストの可能性は高まっています。

アヴェンタドール後継 自然吸気V12+ハイブリッドか

ランボルギーニは、スーパースポーツ・モデルに自然吸気エンジンの採用を続けることを明らかにした。

同ブランドのテクニカル・ディレクターであるマウリシオ・レッジャーニが、次世代スーパーカーのエンジンの気筒数を減らす意思がないことを表明したのだ。ターボ化によりパフォーマンスと環境性能の改善を図るメーカーが多いなか、異例の決断ということになる。

「どんなモデルにもミッションが存在します。それに基づいて、正しいエンジンを選ばなければなりません。ウルスではターボ化がその答えでした。しかし、スーパースポーツについては、自然吸気ユニットを継続していくでしょう」

「これからの時代は、燃費と排出ガス規制から目を背けるわけにはいきません。ハイブリッド・システムと自然吸気エンジンを組み合わせれば、正しい答えを導き出せるはずです」
 

関連テーマ

人気テーマ