マツダCX-5、月間販売計画の8ヶ月分を受注

2012.03.15

マツダは2月16日に発表したSUV、CX-5の累計受注台数がおよそ1ヶ月たった3月14日で約8,000台になったと公表した。これは月間販売計画1,000台の8ヶ月分にあたるものだ。

エンジン別ではガソリンが27%、クリーン・ディーゼルが73%。顧客の中心は30代から40代ということだ。

顧客の主な意見は、「SUVの中でデザインが秀逸」「4WD車でも燃費が良い」「走行性能と経済性が両立している」「長距離移動でも疲労やストレスを感じそうにない。積載能力も高い」など。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×