スバルWRX STIタイプRA-R 500台限定 価格499万8240円 STIの30周年

公開 : 2018.07.19 11:55

スバルが、「スバルWRX STIタイプRA-R」を発売しました。S208に搭載したバランスド・ボクサーと限界を高めたチューニング。STI創立30周年の軽量コンプリートカーの登場です。限定500台。

S208比 30kgシェイプアップ

スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバル・テクニカ・インターナショナルと共同開発した、WRX STIの特別仕様車「タイプRA-R」を発売した。

WRX STIをベースとする「タイプRA-R」は、性能を極限まで突き詰めたSTI創立30周年記念コンプリートカーだ。

軽量化パーツの採用やパーツそのものの取り外しによって、グラム単位での軽量化を積み重ね、ベースであるWRX STIとの比較でも約10kg軽く、「S208」や「S207」と比較して約30kgのウイエイトダウンを達成。また、エンジンは「S208」にも搭載した、EJ20バランスド・ボクサーを採用。「S208」を上回るパワーウェイトレシオを実現した。

パワーユニットは、329psのEJ20バランスド・ボクサーのほか、インタークーラーの冷却効果を最大限発揮するために剛性を上げたパフォーマンスシュラウドや、圧力損失を低減してエンジンの出力性能とレスポンスを高める低背圧パフォーマンスマフラーを採用。どこまでも回したくなる気持ちの良い回転フィールと、ハイパフォーマンスを象徴する排気音を実現したという。

足回りは、「タイプRA-R」のために専用開発したダンパー&スプリングや、ハイμブレーキパッドを採用したブレンボ製ブレーキシステムを装備。トレッドのアウト側とイン側の異なるコンパウンドの組み合わせによりドライ&ウェットを高めたミシュラン・パイロット・スポーツ4Sを国内自動車メーカーで初採用した。

なお、「タイプRA-R」の性能をフルに引き出すためのSTIパフォーマンスパーツを豊富に取り揃えており、ドライバーの感性に合わせてカスタマイズすることも可能となっている。

受注期間は12月17日まで。価格は499万8240円で、限定台数は500台だ。

 

人気記事