アウディ電動SUV「eトロン」発表 スポーツバック/GTコンセプトにも言及

公開 : 2018.09.18 16:01  更新 : 2021.02.09 23:25

アウディは、いやアウディも「電動化攻勢」を正式に開始。皮切りに電動SUV「eトロン」を発表しました。またアバント/スポーツバックなど従来のボディの電動化についても認めました。くわえて2018年末にポルシェと協力開発した「eトロンGTコンセプト」発表も明言しました。

もくじ

アウディ電動化攻勢、開始
ポルシェと協力 eトロンGTコンセプトも
番外編 技術開発担当取締役のコメント

アウディ電動化攻勢、開始

アウディeトロンを世界初公開したこと皮切りに、アウディは電動化攻勢を開始すると宣言した。

2025年までに、アウディは全世界の主要な市場において、12の電気自動車を発売し、電動化モデルの販売台数を全体の約1/3にすることを目指す。

電動化ラインナップにおけるSUVには、今回発表されたアウディeトロンと、2019年にデビューするアウディeトロン・スポーツバックが含まれる。アバントやスポーツバックといった、従来のボディレイアウトを持つ一連のモデルも用意されている。

コンパクトからフルサイズクラスまで、あらゆる市場セグメントを網羅することになる。

コンパクトモデルからラージサイズモデルまでの全セグメントに電気自動車を提供するためには、合計4つの技術プラットフォームと製品ファミリーが必要だとアウディはいう。

アウディeトロンとアウディeトロン・スポーツバックは、アウディの「モジュラー・ロンギチューディナル・プラットフォーム」のコンポーネントを使用している。

関連テーマ

人気テーマ