改良新型シボレー・カマロ、日本発売 LT RS/コンバーチブル/SS

公開 : 2018.11.22 16:40

6代目のシボレー・カマロが、改良新型になりました。本日より日本発売。2.0ℓターボの「LT RS」「コンバーチブル」、6.2ℓ V8の「SS」を用意しています。

もくじ

6代目カマロ マイチェン
内外装 フェイス変更で、パフォーマンス向上
トップグレード「SS」

6代目カマロ マイチェン

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「シボレー・カマロ」のマイナーチェンジ・モデルを発売した。

モデルラインナップは、2.0ℓターボエンジン(275ps/40.8kg-m)搭載の「LT RS」と「コンバーチブル」、および6.2ℓ V8(453ps/62.9kg-m)を搭載したトップグレードの「SS」という3車種だ。

改良新型は、フロント&リアを刷新したエクステリアを採用。エアロダイナミクスを追求したデザインによりパフォーマンスを向上した。また、トップグレードの「カマロSS」は、新開発パドルシフト付き10速オートマティック・トランスミッションを搭載。洗練された走りを実現し、低速でも優れた加速性能を発揮する。

外装のイメージカラーは、60年代に活躍したレースカーで親しまれたヘリテージカラー “スノコ・ブルー” を現代的に仕上げた新色 “リバーサイドブルーメタリック” だ。

価格は、カマロLT RSが529万2000円。カマロ・コンバーチブルが615万6000円。カマロSSが680万4000円。

まずは改良新型の内外装についてみてみよう。

関連テーマ

 

人気記事