アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ/スパイダー・イタリア 合計40台

2018.11.22

3月にジュネーブで発表された「アルファ・ロメオ4C」の限定車が日本へ。クーペ仕様の「4Cコンペティツィオーネ」、オープン仕様の「4Cスパイダー・イタリア」です。合計40台の受注が始まりました。

合計40台 先行予約開始

FCAジャパンは、2シータースポーツ・モデル「4C」ならびに「4Cスパイダー」に、専用ボディカラーなどを採用した「4Cコンペティツィオーネ」「4Cスパイダー・イタリア」の先行予約受付を開始した。

4Cは、アルファ・ロメオが、108年におよぶ軽量化設計の思想を、最先端の技術で具現化したピュアスポーツクーペ/オープンカー。F1マシンにインスピレーションを受けて設計された4Cのボディは、カーボン製パッセンジャーセル/アルミニウムサブフレームなど軽量素材を施し、車両重量は1050kg(スパイダーは10kg増し)を達成した。

最高出力240psを生み出す4気筒1750cc直噴ターボと相まって、0-100km/h加速は4.5秒(欧州仕様参考値)で走り切る。

本限定車は、3月のジュネーブショーで世界初公開。今回、日本を初め世界各地で導入を始めるが、極少量の限定生産に留まる。2モデルの内外装を確認しておこう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事