三菱イーイーコンセプト 3列シート/四駆のツインモーターPHEV 上海ショー

公開 : 2019.04.09 16:34  更新 : 2019.04.16 16:22

三菱e-Yi(イーイー)コンセプトが、4月下旬の上海モーターショーに出展されます。ツインモーター4WDのプラグインハイブリッド車で、3列シートを採用しています。

e-Yiコンセプトとは?

三菱自が、上海国際モーターショーの出展概要を発表した。同社ブースでは、強みである電動化技術、4WD技術、そしてADAS技術やコネクテッドカー技術などを備えた次世代クロスオーバーSUV「三菱e-Yiコンセプト(イーイーコンセプト)」をアジア初披露する。

車名に冠した「e」は、Electricを表し、同時にExplore、Experience、Engageを表現。また、もうひとつの「Yi」は漢字で「毅」、並びに「奕」と表し、「毅」は強い、頑丈、持久性を、「奕」は美しいを意味する。

イーイーコンセプトは、ツインモーター4WDのプラグインハイブリッドEV(PHEV)で、電気とガソリンで走るPHEVならではの長い航続距離と、どんな気象条件や路面状況でもドライブできる高い走行性能や耐久性を合わせ持つ。また、優れたパッケージングによる3列シートの採用により、多人数乗車と多彩な収納を両立しているのが特徴。

アウトランダーPHEVで培った三菱自独自のPHEVシステムは、大容量の駆動用バッテリーを車両中央フロア下に収納。高出力・高効率モーターをフロントとリアに搭載したツインモーター方式としながらも、優れたコンポーネントパッケージにより広い室内空間を確保。3列シートのキャビンレイアウトを可能とした。

関連テーマ

人気テーマ