国内試乗

2019.03.25

三菱デリカD:5 公道で試乗 内外装/安全装備を更新 設計の古さも散見

新型三菱デリカD:5

文・渡辺陽一郎 撮影・神村 聖 

編集部より

新型三菱デリカD:5。2018年12月に悪路の試乗を行いました。今回は公道での試乗。内外装や安全装備などを先代と照らし合わせました。パッケージは良好ですが設計の古さも。

もくじ

新型デリカ、どこが変わった?
新型デリカの走行性能
内外装のデザインと安全装備
設計の古さも散見される
三菱デリカD:5のスペック

新型デリカ、どこが変わった?

日本は少子高齢化が進むが、3列シートミニバンの人気が高い。親子2世帯で買い物に出かけたり、3列目のシートを畳んで自転車を積んだりできるからだ。

その一方で最近は、SUVも注目されて車種を増やしている。このミニバンとSUVの機能を併せ持つのが、三菱デリカD:5だ。

デリカD:5は全高が1875mmに達するから、ミニバンの中でも車内が広い。3列目の頭上と足元にも余裕があり、全長が4800mm以下のミニバンでは居住性が最も優れている。

プラットフォームの基本部分はアウトランダーと共通で、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も185mmだから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。

4WDにはロックモードも備わり、ミニバンでは走破性能が最も高い。そしてミニバンでは唯一、クリーンディーゼルターボ搭載車を用意する。

そこで2019年2月に、販売比率が80-90%に達するデリカD:5のディーゼル搭載車は、大幅な改良を実施した。内外装のデザイン、動力性能、走行安定性、乗り心地などを進化させている。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も備わり、安心感を高めた。ボディタイプは、標準ボディとエアロパーツを装着したアーバンギアがある。

なお、ガソリンエンジン車は従来型を継続販売している。

next page新型デリカの走行性能

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ