改良新型ポルシェ・パナメーラ(2020年型) ほぼ細工なし、プロトタイプを撮影

公開 : 2019.08.05 06:10

ポルシェ・パナメーラのマイナーチェンジ・モデルの試作車を撮影しました。ほとんどカモフラージュのない姿を捉えています。新センサーも見えます。

前バンパー左右に新センサーか

ポルシェは、来年前半にパナメーラのライフサイクル半ばのマイナーチェンジを行う予定だ。そして、ほとんどカモフラージュを施されていない改良新型のプロトタイプ車両を、AUTOCARのスパイカメラマンが新たに撮影した。

メルセデス-AMG GT 4ドアの対抗馬は外観にいくつかの変更を適用するが、左右のテールランプが新しいタイプの直線状LEDユニットによって繋げられている。これにより、カイエンや992型911といった最新のポルシェ・ラインナップと同じデザインを採用することになるわけだ。

また、今回新たに撮影されたプロトタイプ車両の写真から、フロントバンパーとグリルが新意匠になっていることが判明した。しかし、注目すべきはそのバンパーの両脇に新しいセンサーモジュールを取り付けていることだ。

これは、部分的な自動運転機能がなんらかのアップデートを受けることを示唆している。

さらには、今回の改良でパナメーラにマイルドハイブリッドを導入する計画があるとAUTOCARは考えている。

パナメーラのマイナーチェンジ自体は、年内に正式発表される見込みだ。また、ワゴン・ボディのパナメーラ・スポーツツーリスモについても、サルーンと同時期に改良が行われる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事