0-100km/h加速4.0秒 メルセデス-AMG CLA45 試乗 A45との違いはわずか

公開 : 2019.08.05 10:10  更新 : 2019.08.05 17:53

4ドアサルーンのボディをまっとったAクラスに、もっともハードコアなAMGの45が登場。メガ・ホットハッチ級のパフォーマンスを備えたA45の性能はそのままに、フォーマルなスタイリングが魅力です。スペインで試乗しました。

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

もくじ

僅かな違いはあるもののA45と大差なし
低くなった重心高と前後重量配分の違い
CLA45でもA45でも同じくらい笑顔になれる
メルセデス-AMG CLA45のスペック

僅かな違いはあるもののA45と大差なし

CLAはAクラスの4ドアバージョンではある。だが、マーケティング的な理由でメルセデスはクーペとは呼んでいない。ホイールベースは2729mmで、ハッチバックと同様。ボディ剛性も基本的には同じだ。メルセデス-AMGとしては、両者で得られるドライビング体験は、同等のものであることを目指している。

もちろん、ささやかだが違いもある。標準のCLAは既にハッチバックのAクラスよりもトレッド幅が広げられており、A45のようにフロントフェンダー周りの変更は必要なかった。リアトレッドはAMG化するにあたって数ミリ広げられているが、5ドアボディの幅自体は変わっていない。

タイヤサイズもA45よりも10mm広い。A45が前後ともに245幅を履いているのに対し、CLA45は19インチの255/35というサイズが奢られている。タイヤ幅に合わせてホイール幅もワイドになり、8.5Jから9.0Jへと変更されている。

4ドアサルーンということでボディも長く、A45が4445mmなのに対し、CLA45の全長は4693mm。伸びたぶんだけ車重も増え、50kg増しの1675kgとなる。その増加分は基本的にボディ後半に集中しているのはいうまでもない。メルセデス-AMGは明言はしていないものの、Cピラー周りの構造も異なるため、CLAの方がボディのねじり剛性はやや高いと予想する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記