トヨタC−HR 欧州版マイナーチェンジ 新エンジンと車内システムを獲得

公開 : 2019.10.02 16:00

欧州版トヨタC-HRがマイナーチェンジを受け、新しい2.0Lハイブリッドと若干のデザイン変更が与えられました。英国価格も3190ポンド(42万円)の上昇となっています。

カローラ由来の2.0Lハイブリッド採用

トヨタは人気小型SUV、C−HRに新しいハイブリッド・パワートレインとインフォテインメントシステムを追加した。ステアリングの設定を見直し、サスペンションにも改良を加えたことで、乗り心地の快適性やハンドリングも向上させたとしている。

新しい2.0Lエンジンを採用したハイブリッドの最高出力は184ps。1.8Lエンジン版と比べて、62psも高い馬力を獲得した。この2.0Lエンジンは新しいカローラからの流用で、燃費はWLTP値で21.2km/L以上とされているが、正式なC−HRの値は明らかにしていない。

トヨタC−HR
トヨタC−HR

二酸化炭素排出量は、排気量が増えたことで若干多くなり118g/km。従来の1.8Lユニットの場合は109g/kmとなっている。

エクステリアの変更点は僅か。色分けされたフロントスプリッターが追加されたほか、オプションでグロスブラックのスポイラーを設定。ヘッドライトとテールライトまわりのデザインにも変更を受けている。

車内では新しいインフォテイメント・システムを獲得したことが主なポイントとなる。スマートフォンと統合し、アップル・カープレイとアンドロイド・オートをサポート。無線通信で欧州全域の地図がアップデートできる機能も追加された。キャビンノイズ・リダクション機能は全グレードで標準装備となった。

C−HRの価格はエントリーグレードで2万5625ポンド(340万円)から。フェイスリフト前と比較して3190ポンド(42万円)の上昇となっている。欧州では上級グレードとしてオレンジ・エディションも追加。新しい鮮やかで陰影の深いオレンジ色塗装に、グロスブラックのホイールが特徴だ。

関連テーマ

人気テーマ