メルセデス・ベンツSクラス次期型、偽装少なく ホイールベースを一本化 EQSと2本立てに

公開 : 2019.11.28 20:25  更新 : 2021.04.27 07:08

メルセデス・ベンツSクラス次期型のカモフラージュが減りました。最新世代のCLSにインスパイアされたデザインのようです。2種のホイールベースは一本化に。完全EVのEQSと2本立てになる可能性が高いです。

もくじ

新型Sクラス、CLS風のエクステリアに
インテリア、大型スクリーンをキャッチ
快適さとテクノロジー、ライバル凌駕
ホイールベースは1種に EQSと2本立て

新型Sクラス、CLS風のエクステリアに

メルセデス・ベンツは来年、Sクラスのフラッグシップ・サルーンを新世代に移行する。

このたび、カモフラージュが少な目のプロトタイプの写真が新たに公開された。

メルセデス・ベンツSクラス次期型の試作車。
メルセデス・ベンツSクラス次期型の試作車。

BMW 7シリーズのライバルとなる第7世代Sクラス。最新の画像では、全体的なプロファイルが明らかにされている。

従来モデルの曲線的な表面はそのままだ。ただし、フロントエンドは最新世代のCLSにインスパイアされたライトで再設計されている。

スタイル的には、新型のSクラスは新境地を開くことになると言われている。

メルセデス・ベンツデザインスタジオの情報筋によれば、それは全く新しい世代のモデルに影響を与えるインパクトがあるそうだ。

独特のトライバンドLEDマルチビームヘッドライト。クラシックなメルセデス・ベンツに新しい解釈を加えたようなグリル。空力特性向上のため車体に戻るドアハンドル。プロトタイプ車両のスパイショットでは、それらのデザインが特徴的だ。

インテリア、大型スクリーンをキャッチ

スパイ写真家は以前、プロトタイプ車両の内装をキャッチしている。

テスラスタイルのディスプレイは、メルセデスの従来モデルよりもかなり大きい。そして、その下半分は空調制御機能専用となっており、下にタッチセンサー式のショートカットメニュー・ボタンが並んでいることが見て取れる。

新型メルセデス・ベンツSクラスの試作車。内装に大型スクリーン。
新型メルセデス・ベンツSクラスの試作車。内装に大型スクリーン。

すでにAクラスに搭載された新型MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の更なるアップデートによって、機能と使いやすさは一段と向上するだろう。

同時に、ブランドのトレードマークであるデジタルダイヤルも表示される。

快適さとテクノロジー、ライバル凌駕

メルセデス・ベンツは、第7世代のSクラスに新しい電動パワートレインと高度なドライバーアシスト機能を備えることによって、技術的ノウハウにおける最先端の地位を取り戻そうとしている。

快適さとテクノロジーは、アウディA8やBMW 7シリーズなどのライバルを凌駕するレベルを目標としている。

メルセデス・ベンツ・ビジョンEQS
メルセデス・ベンツ・ビジョンEQS

来年イギリスのショールームで発表予定の新しいフラッグシップ・サルーンは、明確に異なる2つのモデルをサポートするために初めて開発された。

標準バージョンはPHVの範囲内だが、空気力学的に最適化された純粋なEVバージョンの公開も計画されている。

内部関係者によれば、後者は新しい電気自動車のサブブランド「EQ」のフラッグシップモデルとなる模様。

2022年発売予定の新型EQSは、最新のWLTPテストサイクルの航続距離499kmを超えて販売される。新型SクラスのPHVバージョンは、非永続ながら最大99.8km実現可能なゼロ・エミッション機能、そしてオプションとして新しく開発した「4マティック」を搭載。状況に応じてフロントアクスルとリアアクスルのモーターを使い分ける可変的四輪駆動システムだ。

EQSはメルセデス・ベンツの90億ポンド(1兆2400億円)の投資計画の一部。今後6年以内に10台以上のEV専用車をイギリス市場に導入予定。

関連テーマ

人気テーマ