フォード・エクスプローラーを一部改良

2013.08.22

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォード・エクスプローラーの仕様を一部改良、また同時に特別仕様車、LIMITED EcoBoostを限定200台で11月から販売を行うと発表した。LIMITED EcoBoostは、先行して8月22日から予約キャンペーンを実施する。

今回の仕様変更は、外板色にダークサイドとサンセットの2色を追加しカラーラインアップを変更した他、2.0L XLT EcoBoostTMに上級グレードのLIMITEDにも採用されているBLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)とCTA(クロストラフィック・アラート)を標準装備。BLISは走行中、車両斜め後方のドライバーの死角となる位置に別の車両を認識するとドライバーに警告し、CTAは駐車スペースから後退する時などに、後方左右からの車両の接近を感知しドライバーに警告する先進の安全システムである。

特別仕様車、LIMITED EcoBoostは、本年2月に限定100台で導入したモデルであり、今回は限定200台となる。前回同様、FWDのエクスプローラー XLT EcoBoostに、最上級グレード、LIMITED専用装備を追加したモデルで、エクステリアにデュアル・サンルーフやカラードグリル、カラード・ドアミラーなどを採用、インテリアには上質なチャコール・ブラックの本革シートや、12スピーカー・プレミアムオーディオを採用、さらに運転席、助手席に10wayのパワーシート、シートクーラー、3列目シートにパワーフォールディングシートを装備している。

価格は、4,480,000円から5,350,000円。限定のLIMITED EcoBoostは4,900,000円だ。

関連テーマ

 
最新国内ニュース