【今でも刺激的な456ps】フェラーリ308GTB グループB ラリーカーへ試乗

2020.04.14

サマリー

鮮やかなイエローのフェラーリ308GTB。車重970kg、最高出力456psを誇るマシンを、英国編集部は手懐けることができるのでしょうか。グループB時代のラリー参戦を目的としたフェラーリに試乗しました。

もくじ

珍しいグループBラリー仕様の308GTB
最高出力456psで車重は970kg
今でも充分にセンセーショナル
ラリーマシンとして然るべき仕上がり

珍しいグループBラリー仕様の308GTB

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フェラーリのレーシングカーと聞いても、大きな驚きはないかもしれない。同様にフェラーリ製のロードマシンと聞いても、目新しさはない。では、フェラーリのラリーカーと聞いたらどうだろう。

このフェラーリ308GTBは、かつてのグループB規定に合わせて作られたクルマ。1980年代に始まった熾烈な競争は加熱しすぎ、ラリーカーは極めて高速で、危険になった。モータースポーツを変えるきっかけともなった。

フェラーリ308GTB グループB ラリーカー
フェラーリ308GTB グループB ラリーカー

フェラーリ308GTBのラリーカーは、公式的なプロジェクトではなかった。主に制作していたのは、イタリアのレーシングチーム、ミケロット。1970年代後半に、グループ4に準拠する308を相当数作っている。

世界ラリー選手権(WRC)へグループBが導入され、ランチア・ストラトスの活躍を見たミケロットは、ミドシップのフェラーリも充分に競争力があると考えた。そこで欧州でのラリー選手権出場を目指し、4台の308ラリーを生み出した。1982年には実際に1台が優勝している。

英国では、エンジニアリング企業の代表でレーシングカーの設計やフェラーリを専門とする、トニー・ワーズウィックが同様のアイデアを持っていた。その結果生まれたのが、この黄色い308GTBだ。

現存する右ハンドル車としては唯一の、当時のグループB規定に合うフェラーリ308GTBとなる。

 
最新試乗記

人気記事