【1位は日本車】2019年に世界で最も売れたクルマ20選 半数以上を日本車が占める

公開 : 2020.05.21 06:50  更新 : 2021.03.05 21:37

2019年に全世界で販売されたクルマの車名別販売台数による順位が明らかになりました。SUV人気が高まる中、依然としてセダンやトラックが売れている地域もあり。トップ20台の半数以上を日本車が占めています。

世界で多く売れたクルマを見ると様々なことがわかる

text:Al Suttie(アル・サティ)

2019年に世界で最も多く売れた20台のクルマを振り返ってみると、様々なことがわかってくる。

世界のある地域ではクルマの販売台数が成長を続ける一方、別の地域ではこれまで多く売れていたモデルが販売台数を減らしている。

世界で最も多く売れたクルマ
世界で最も多く売れたクルマ

そしてそのトップに君臨するモデルはさらに販売台数を伸ばし、自動車の歴史に新たな記録を刻もうとしている。

今回ご紹介する20台の中には、日本や英国の読者には馴染みのない車名も含まれているだろう。

しかし、ある地域で非常に多く売れているクルマが、世界全体で見てもかなりの台数を占めることになるという事実をわかっていただけるに違いない。

それでは2019年に世界で最も多く売れたクルマを、20位から見ていこう。

データは300を超える公式発表を基に情報を収集・整理したグローバル・オート・データベースの数字を参照にしている。

20位 ヒュンダイエラントラ 51万3813台

ヒュンダイ・エラントラは、母国の韓国ではアヴァンテと呼ばれているコンパクト・セダンだ。中国やロシアで非常に多く売れているため、ヒュンダイは現地に工場を構えて生産している。エラントラは他にも、米国や台湾、そして韓国の蔚山にあるヒュンダイの工場などで生産されている。

2019年の販売台数は前年から15.1%減少した。だが、これは既にモデルライフ末期にあたるためと考えられる。

ヒュンダイ・エラントラ
ヒュンダイ・エラントラ

2021年に新型エラントラが発売されたら、2018年から2019年にかけて減少した9万台を取り戻すことができるだろう。

19位 ヒュンダイ・トゥーソン 52万7238台

前年より販売台数は減少したものの、ヒュンダイ・トゥーソンは2019年も20位以内に留まった。世界全体における2019年の販売台数は、2018年から7.2%減とかなりのダウン。

SUV市場は大きく拡大を続けているにもかかわらず、トゥーソンの販売台数は約4万台も減ったことになる。

ヒュンダイ・トゥーソン
ヒュンダイ・トゥーソン

しかし、ヒュンダイはおそらく焦ってはいないはずだ。同社は2019年の世界自動車ブランド別販売台数順位で6位に入っている。

グループでも2019年にヒュンダイ・キアはグループ合わせて700万台以上を売り上げ、グループ別順位の5位となっている。

18位 スズキスイフト 53万9432台

スズキ・スイフトは、世界的な成功を収めているというだけでなく、2019年の販売台数がトヨタヤリスヴィッツ)と比べても約1万4000台ほど少ないだけだったということも印象的だ。

スイフトの成功は、主に巨大なインド市場(現在世界で4番目に大きな市場)でかなりのシェアを占めていることによる。

スズキ・スイフト
スズキ・スイフト

スズキは同国においてマルチ・スズキという子会社で生産・販売を展開している。

スズキは2019年も20位以内に入ったことに安堵するだろうが、スイフトの販売台数は2018年から18.1%も落ちている。2019年のトップ20の中では最も大きく減少したことになる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ヒュンダイの人気画像

×