【インタビュー】シトロエン新CEOに聞く  WRC不参戦の決定 C1の将来 MPVの存続について

公開 : 2020.06.11 11:20  更新 : 2021.03.05 21:42

新しくシトロエンのCEOに就任した、ヴィンセント・コビーに、今後の計画について話を聞きました。パンデミック後の販売はまったく予想がつかないとしつつも、安価で実用的な新モビリティーとして、アミに期待を寄せているそうです。

もくじ

シトロエンCEOインタビュー
長期的な販売目標
モデルラインナップについて
WRC不参加の決定について

シトロエンCEOインタビュー

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)

リンダ・ジャクソンの後任として、今年初めにシトロエンのCEOに就任した、ヴィンセント・コビーに、ブランドの計画について、話を聞いた。

シトロエンのCEO ヴィンセント・コビー
シトロエンのCEO ヴィンセント・コビー

長期的な販売目標

――グローバルでの長期的な販売目標は何ですか?

「この危機から、いつ、どのように脱出できるかわからないため、今年、来年についてさえ、予測がつきません」

シトロエン・アミ
シトロエン・アミ

「2025、26年までに、ヨーロッパ市場全体で1600万台の需要が維持されるのであれば、弊社は100万台を販売できるでしょう」

「グローバルで150万台、ヨーロッパはその3分の2を目標としています」

「目標達成の可能性を残すため、すべてのモデルを生産までもっていき、販売に備えます」

「しかし、最近の状況を考えると、市場の状況は大きく変わる可能性が高いと思われます」

――クルマの販売以外のサービスが、ビジネスの大部分を占めるのはいつですか。

「配車サービスとカーシェアリングの新しいビジネスモデルは、わたし達のビジネスの1%にも満たない状態です」

「アミの場合、現金での売り上げは25%、リースは60%または70%、共有所有は10%となると予想しています」

「衛生管理の観点から、これまでと同様の公共交通機関が、受け入れられ続けるとは考えにくいでしょう」

「近い将来、人々が個々の都市交通手段を求めるようになると、想像しています」

モデルラインナップについて

――シトロエンのモデルラインナップの規模は適切だと思われますか?

「過去15年間は複雑でした。多くのメーカーは、A、B、Cセグメントのハッチ、C、D、Eセグメントのサルーンおよびスポーツクーペをそろえていました」

シトロエンC1
シトロエンC1

「その後SUVが追加され、ヨーロッパのすべての自動車メーカーはSUVとの二重のラインナップを管理する必要がありました」

「ボディタイプを、6つから13まで増やすメーカーも出てきました」

「パワートレイン・コストの増加、CO2排出に関する管理の複雑さ、競争力の高い価格付けへのプレッシャーが加わり、誰もが合理化を求めています」

「ほとんどの自動車メーカーにとって、もっとも安定を得られるモデル数は、5から10モデルでしょう」

「5モデル未満の場合、継続的な提供が難しく、カスタマーが購入を検討する際の第一候補とはなりにくい」

「8モデルを超えると、開発、規制対応、セールス、マーケティングの管理が難しくなります」

「シトロエンにとって理想的な状況は、6つまたは7つのグローバルモデルを持ち、ほとんどの国で5モデルを提供することです」

――C1シティカー後継モデルの計画は、ありますか?

「C1はこのセグメントで非常に競争力があり適切なクルマと言えますが、このセグメントは多くの課題にさらされています」

「規制上の問題に加えて、基本的な機器要件と、厳しい排出基準があり、これらすべてがコストを押し上げます。またこのセグメントは非常に価格に敏感です」

「わたし達はC1の将来について、明確な方向性を確定していませんが、アミで同様のニーズに部分的に応えることが、可能だと考えています」

「電動シティカーには、通常2人で乗ることが多く、平均的な移動距離は24kmと言われています。アミなら同じ価格でニーズを満たすことができるでしょう」

――C4 スペースツアラーの後継はありますか?

「端的に言うと、MPVはそのままでは継続が難しいでしょう」

「C4 スペースツアラーは、需要がある限り、現行モデルをアップグレードし、引き続き販売します」

「次世代モデルについては、SUVに続く、次のトレンドを探る必要があります」

「C5エアクロスは、人気の理由の1つである、3つの独立したシートを継続します」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事