【悩むべきはリムジンかツーリングか】新型 アルピナB3 リムジンへ試乗 468ps 後編

公開 : 2020.07.13 18:50

次世代M3にかわる選択肢として、定評あるアルピナB3がG20型にも登場。M340i xドライブをベースに、次期M3と同じ新エンジンを搭載し、長距離も快適なシャシーを備えます。英国編集部がドイツで評価しました。

もくじ

適度に当たりの柔らかいサスペンション
スポーティでありながら、長距離走行も快適
ニュルではなく郊外の道とアウトバーン
リムジンとツーリングのどちらにするか
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)のスペック

適度に当たりの柔らかいサスペンション

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最新のアルピナB3へ搭載されるトランスミッションは、ZF社製の8速AT。トルクコンバーターは容量が増やされ、アルピナらしく、マニュアルシフトが可能なスイッチトロニックを採用。ステアリングホイール上のボタンだけでなく、オプションでシフトパドルでの操作も可能だ。

駆動方式はBMW製のxドライブによる四輪駆動。Mスポーツ・リアデフにもアルピナが手を加えている。ドライビング・モードは、コンフォート、スポーツ、スポーツ・プラスの3種類で、明確に味わいが変化する。

アルピナB3 リムジン(欧州仕様)
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

エンジンだけでなく、操縦系全体のスムーズさも大きな長所。トランスミッションのフィーリングからは、オートマティック・モードでもマニュアル・モードでも、高い技術力を感じ取れる。

変速は、迷うことなく鋭い。もしB3を選ぶなら、シフトパドルのオプションは選んだ方が良いだろう。ステアリングホイール上のボタンは、ちょっと操作しにくい位置にあると感じた。

アルピナによれば、最新B3の0-100km/h加速は3.8秒。通常の3シリーズをベースとした量産モデルの中では、最速になる。最高速度は紳士的リミッターなしの302km/h。B3が備える高速直進時の優れた安定性と、自信を示す数字だ。

アルピナB3は、BMW M3と比較すると、適度に当たりが柔らかい。それが、独自性の強い魅力を生んでいる。

シャシーへも、もちろんアルピナは大幅に手を加えた。コイルスプリングとスタビライザーはアイバッハ製を採用し、M340i譲りのアダプティブ・ダンパーの制御プログラムも書き直されている。タイヤは前後ともに、キャンバー角が強められている。

スポーティでありながら、長距離走行も快適

ホイールは19インチの鍛造。タイヤは専用サイズのフロント265/35、リア275/35で、ピレリPゼロを履く。このモデルのために、新開発されたという。

アルピナ社を率いるアンドレアス・ボヴェンジーペンは、B3に対して次のように話す。「M3以上のスポーツカーを作りたいとは、考えていません。わたしたちの哲学は、常にスポーティでありながら、長距離走行も快適にこなせるクルマを生み出すことです」

アルピナB3 リムジン(欧州仕様)
アルピナB3 リムジン(欧州仕様)

「リラックスでき、スムーズに運転できるクルマ。長い運転の後にクルマから降りても、まだ気分がいい、そんなモデルです」

ステアリングは、細かな操作に即座に反応。穏やかな道も、楽しいコースへと変えてくれる。

シャシーの動きは見事に煮詰められ、サスペンションは伸縮時も伸長時も、一切無駄のない動きを見せる。巧みな姿勢制御を保ったまま、ダイナミックな躍動感も味わえる。

路面からの衝撃は、狙うラインを乱すことなく、瞬間的に処理される。荒れた路面で強い負荷がかかった状態でも、足さばきは変わらない。落ち着いた姿勢制御は、お手本と呼べるものだと思う。

BMW標準のアダプティブ・ダンパーには、コンフォートとスポーツの2つのモードがある。そこへアルピナはスポーツ・プラスを追加。スタビリティ・コントロールの介入を、遅らせる設定になっているという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事