フォード・フォーカスの2014年モデル

公開 : 2013.10.09 17:30  更新 : 2017.06.01 02:15

フォード・フォーカスの2014年モデルがニュルブルクリンクでテストされている風景の撮影に成功した。

以前撮られたプロトタイプと同様に、大きなフロント・グリルが特徴だ。特に、アッパー・グリルは現行モデルよりも深くなり、ナンバー・プレートの台座も低くなっている。

また、今回のプロトタイプでは確かめられなかったが、テールランプも変更される予定だ。

また、フォーカスRSは、このフェイスリフトの後、2015年に発表される予定だ。エンジンは2.3ℓの330bhp4気筒が搭載される。これは現行モデルの301bhpよりも大きい値となる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事