【公式レストモッドで】ジャガーEタイプを再生、限定販売へ 60周年記念モデル

公開 : 2020.08.13 12:26

英ジャガーのクラシック部門は「Eタイプ」の60周年に向けて、計12台を再生し、販売します。1961年のジュネーブ・ショーに登場したオリジナルへのオマージュを込めた「60エディション」の詳細をレポートします。

クーペとロードスター ペアで再生販売

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

ジャガーが、伝説的なスポーツカー「Eタイプ」の60周年に向けて、レストモッド・モデル「60エディション」を限定生産する。

ジャガーのクラシック部門が、6組のEタイプのペアを、現代の技術を織り交ぜてレストアし、1961年のジュネーブ・モーターショーで発表された2台のオリジナルにオマージュを捧げるわけだ。

ジャガーEタイプ 60エディションの予告画像
ジャガーEタイプ 60エディションの予告画像    ジャガー

ペアの内容は、オリジナルのEタイプが発表される前夜に、コベントリー本社からスイスまで駆け抜けたプロトタイプ「9600 HP」をモデルにしたグレーのクーペと、グリーンのロードスターというもの。

ロードスターの方は、プロトタイプ「77 RW」の外観にあわせて仕上げられている。チーフテストドライバーのノーマン・デュイスが、工場からジュネーブまで一晩かけてノンストップで運転したクルマだ。

2台でセットとなっており、個別に購入することはできない。

両モデルとも、オリジナル仕様の3.8L直列6気筒エンジンを搭載し、約220psを発生する。

Eタイプが発売されたとき、このパワートレインは9600 HPと77 RWの両方で、最高速度240kmを記録した。

ボディカラーは「ドロップ・エブリシング・グリーン」と「フラット・アウト・グレー」が用意されるほか、ジャガーのデザインディレクター、ジュリアン・トムソンによる記念ディテールなどが施される。

ジャガー・クラシックスでオーダー受付

来年3月の生産開始に先立ち、現在ジャガー・クラシック部門(JAGUAR CLASSIC)を通じて注文が可能だ。

同社は価格設定を公表していないが、リビルドされた3.8L Eタイプには約31万5000ポンド(4351万円)の値札が付いていることを考えると、この特別なペアは約65万ポンド(8978万円)になると予想される。

「9600 HP」と「77 RW」
「9600 HP」と「77 RW」    JDHT

ジャガー・クラシックのディレクターであるダン・ピンクは、次のように述べている。

「ジャガーEタイプは、1961年に発表された瞬間と変わらず、今日もセンセーショナルで、真の象徴です」

「Eタイプの先進的なデザインとエンジニアリングが、60年近く経った今でも熱烈に愛されている証です」

「60コレクションは、Eタイプのファンの皆様のためのオマージュであり、Eタイプのレガシーとそれを生み出したチームの功績を称えるモデルです」

「チームの子孫は、多くが今日のジャガー・クラシックで働いており、クルマを何世代にもわたって楽しむことができるよう、専門的なレストア、メンテナンス、将来の保証を行っています」

今回の修復プロジェクトの発表は、2019年に98歳で亡くなったノーマン・デュイスの100歳の誕生日を迎えたちょうど1週間後に行われた。

デュイスは同社での33年間のキャリアの中で、Mk1やXJをはじめ、Cタイプ、Dタイプ、XJ13プロトタイプといった、ジャガーの象徴的なスポーツカーの開発において中心的な役割を果たした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ジャガー Eタイプの人気画像