【シェアするクラシックカー】モーリス・エイトが広げるファンの若返り 前編

2020.09.19

サマリー

自動車評論家のジョン・プレスネル初めての愛車が、今回ご紹介するモーリス・エイト・シリーズE。今は英国モーリス・レジスターの所有車両です。クラシックカー・ファンの若返りを目指すべく、シェア活動が始まっています。

もくじ

最初に乗った、思い出のモーリス
若返りを目指すモーリス・レジスター
戦前のモーリスとして最も現代的
最初に借りたのは46才の美術教師

最初に乗った、思い出のモーリス

text:Jon Pressnell(ジョン・プレスネル)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
人生で、いちばん大切な思い出のクルマはなんだろう。AUTOCARの読者なら、そんな1台があると思う。逆に、1台は選びきれないかも。

筆者の場合、FYK 259のナンバーを付けた、モーリス・エイト・シリーズE ツアラーだ。1974年、10ポンドで手に入れた最初の愛車。今まで使った10ポンドの中で、最も有意義なものだった。

モーリス・エイト・シリーズE ツアラー(1938〜1941年)
モーリス・エイト・シリーズE ツアラー(1938〜1941年)

小さな投資が、筆者の古いクルマへの愛情を深めた。モーリスという英国の自動車ブランドへの興味を、大いに刺激した。

モータージャーナリストとして、執筆活動を始めるきっかけを作った。40年ほど仕事をしているが、モーリスの歴史を研究し、本も出版した。そして今回の、とても幸せな取材にも結びついた。

筆者がモーリスと出会ったのは偶然。自宅から2kmも離れていない駅の駐車場に、赤く手で塗られた、くたびれたエイト・シリーズEが停まっていた。

その頃、わたしは15才。ほかの子供とは違って、シリーズEがどんなクルマなのか知りたいと思った。お小遣いで、自動車雑誌のカー・スポッターズ・ガイドを入手した。フロントフェンダーに埋め込まれたヘッドライトが、強く印象に残った。

基本的に1939年にだけ作られた、ツアラー。モーリスの中でも、価値ある1台だ。

筆者は赤いモーリスのオーナーをたどった。故障車として放置されていたクルマは、自宅へレッカーされてきた。

 
最新試乗記

人気記事