【フェアレディZも見れる!】日産パビリオン横浜 オンライン新車販売/ディーラー網再編につながるか

2020.09.19

サマリー

注目をあつめている日産フェアレディZも展示されている「日産パビリオン横浜」。起死回生を狙うため、ユーザーやディーラーに向けた重要な情報発信拠点となります。新車オンライン販売に向けた布石にもなり得ます。

もくじ

「日産パビリオン横浜」って何?
急激な時代変化を追い風にできるか?
ジャガー・ランドローバーにみる新車オンライン販売
結果的に中国の事例に似ている?

「日産パビリオン横浜」って何?

text:Kenji Momota(桃田健史)

2020年8月1日、「日産パビリオン横浜」が期間限定でオープンした。

日産は次のように説明する。

日産パビリオン横浜に並ぶ歴代フェアレディZ。
日産パビリオン横浜に並ぶ歴代フェアレディZ。    日産

見て、触れて、食べて、感じることができる、胸躍るような体験の数々。2020年8月、みなとみらいに誕生するこの場所であなたはきっと、想像を超えた未来を目の当たりにするはずだ。

いわゆる100年に一度の自動車産業の大変革期に、自動運転、AI(人工知能)、AR(仮想現実)など様々なイノベーションを含む「日産インテリジェントモビリティ」のショーケースとして、日産パビリオン横浜を使う。

場所は、横浜みなとみらい。日産グローバル本社から数百mほどの距離で、本社ショールームの屋外拡張版といったイメージだ。

パビリオンは楕円形で、その周辺は緑地帯を演出。EVやeパワーによる、地球環境への対応。プロパイロット2.0による、自動運転技術のさらなる活用など、現在のモデルラインナップで実現されている展示は、本社ショールームに任せて、パビリオンでは「さらにもう一歩先の未来」をどのように描くのか?

期間限定で、夏休み期間中で、といった観点で見ると、日産パビリオン横浜は、単なる家族向けの販売促進活動とも思えるが……。

果たして、そうだろうか?

 

人気記事