【日本発売】BMW M5/コンペティション改良新型 M550i xドライブも ハンズ・オフ対応

公開 : 2020.09.29 13:00  更新 : 2020.09.29 13:00

BMW日本法人が、改良型「M5」「M550i」を発売します。高速道のハンズ・オフに対応し、リバースアシストも搭載。M5は600psを発揮します。M5コンペティションも登場。価格、内装、装備をご紹介しましょう。

M5もマイナーチェンジ

昨日、改良型の5シリーズを発売したBMW日本法人。

その5シリーズをベースにした2つのMモデル「BMW M5」「BMW M550i xドライブ」の販売も開始されることになった。

改良新型M5/コンペティション(欧州仕様)
改良新型M5/コンペティション(欧州仕様)

Mモデルには現在、2つのカテゴリーが存在する。1つはサーキット走行を可能とした「Mハイ・パフォーマンス・モデル」。もう1つはサーキットで培われた技術を取りれた「Mパフォーマンス・モデル」。

今回発表のBMW M5は前者に。M550i xドライブは後者に位置付けられる。

ともに、高性能3眼カメラ&レーダー、高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムを標準装備。

高速道路での渋滞時における「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も装備され、一定の条件下で、ステアリングから手を離しての走行が可能なモデルに進化。

また、直前に前進したルート最長50mまでを記憶し、同じルートをバックで正確に戻るリバース・アシスト機能も採用した。

さらに「オーケイ、BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地設定などが可能に。Apple CarPlayへの対応、スマホで検索した目的地を車両に送信する機能に加えて、iPhoneをドア・ハンドルにかざしてのロック解除/施錠、エンジンの始動も可能となっている。

600ps、0-100km/h加速3.4秒

エンジンについては、改良新型BMW M5は、M社が開発したV8 Mツインパワー・ターボを搭載。

ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッション、後輪駆動を重視した4輪駆動システムM xドライブを組合せたレーシング・モデルだ。

改良新型M5/コンペティション(欧州仕様)
改良新型M5/コンペティション(欧州仕様)

最高出力600ps/6000rpm、最大トルク76.5kg-m/1800-5600rpmを発揮。0-100km/h加速は3.4秒(欧州値)を達成する。

外観は、改良型5シリーズ同様に、ヘッドライトをL字型LEDライトに。L字型リア・コンビ・ライトを、より立体的な造形とし、周囲をブラック・アウトさせた。

さらに、ダブル・バー・キドニー・グリルやボディ側面のエア・ブリーザーに装備されたMギルを採用するなど、BMW Mハイ・パフォーマンス・モデルであることを主張。

エンジン・レスポンス、ステアリング、サスペンション特性を任意に設定変更できる機能に、新たにブレーキ・システム設定も追加された。

また、同じく新システムとして、センター・コンソールに「Mモード」ボタンが追加された。これにより、メーター・パネル、ヘッドアップ・ディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルを「ロード」「スポーツ」いずれかのモードに変更することが可能となった。

「ロード」は、全ての運転支援システムが有効になり、「スポーツ」はドライバーが任意に設定した情報に基づいて、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除く全てのブレーキやステアリング・システムへの介入を無効にすることができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像

×