【アストン似の顔つきに】英MG、新型電動スポーツカー 2021年発売予定

公開 : 2021.01.07 06:25

英国のスポーツカーブランド、MGは新型電動クーペを2021年末に発売する予定です。ブランドの認知度向上を狙って開発され、アストンにも似たスポーティーなデザインが特徴的。今年半ばにデビューするとみられます。

ブランドイメージ向上に貢献

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

英国のMGは、2024年までに年間販売台数100万台を目指す成長計画に向けて準備を進めている。2019年の販売台数の3倍以上であるこの成長目標で鍵を握るのは、2021年後半に発売される電動スポーツクーペをはじめとする、数多くのニューモデルだ。

2万ポンド(276万円)以下の低価格で販売されると予想されている、新型のコンパクトEVもその1つだ。こちらは販売台数増に貢献し、前述のスポーツモデルはブランド力を高める役割を担っている。

MG E-モーション・コンセプト
MG E-モーション・コンセプト

SAIC(上海汽車集団)のヤン・シャオドン副社長によれば、どちらのモデルも同グループが所有するMGの知名度を高めることが期待されているという。

スポーツモデルの詳細は現時点では明らかになっていないが、2ドア4人乗りのフラッグシップとして、2017年4月の上海モーターショーで公開されたコンセント「E-モーション」をベースにしている。

中国市場の低迷や新型コロナウイルスの感染拡大など、国内外でさまざまな混乱はあったものの、E-モーションの開発は継続された。そして今年6月には、市販モデルの特許画像(中国でのホモロゲーション用)がネット上に流出した。

特許画像を見ると、基本的なフォルムはE-モーションと変わらないものの、デザインは大きく進化していることがわかる。コンセプトで見られたMGファミリーの「顔」は、アストン マーティンを彷彿とさせるスポーティな形状に変化し、室内空間も広くなっているように見える。

リアのデザインは変わらないが、バタフライドアなどの特殊な仕様は採用されないと思われる。

お手頃な電動スポーツカーとなるか

パワートレインの詳細も不明だが、SAIC独自のモジュラー・エレクトリック・アーキテクチャーとツインモーター、四輪駆動を採用していることはわかっている。

当初の目標であった0-100km/hタイム4.0秒以下は実現できそうだが、市販モデルで480km以上の航続距離を達成できるかどうかは不明だ。

MGサイバースター
MGサイバースター

ちなみに、MGの電動SUV、ZSに搭載されている44.5kWhのバッテリーは、1回の充電で262kmの航続距離を実現している。

価格は3万ポンド(415万円)とされているが、この数字はZSより5000ポンド(69万円)高い程度で、かなり楽観的な予想と言える。しかし、既存のプレミアムブランドの電動スポーツカーよりはかなり安くなるはずだ。

AUTOCARは、英国や欧州、オーストラリアなど右ハンドル国を含むMGの既存市場の大部分で販売されるだろうと考えている。

公式なお披露目は今年半ばになるとみられ、英国での販売開始は2021年末とされている。

MGは今年初め、サイバースター(Cyberster)と呼ばれる2人乗り電動ロードスターのコンセプトの一部を公開した。デビューはまだ先の話と考えられるが、MGにとって2人乗りロードスターの歴史的な意義を考えると、ブランドの設立100周年を記念して発売するにはちょうどいいモデルかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事