【ガソリン車より多い】EV製造時のCO2排出量 環境に優しいのはどっち?

公開 : 2021.01.07 06:45

EVとガソリン車、環境負荷が少ないのはどちらか。アストン マーティンなどが作成に関与したEVの性能に関する報告書をきっかけに、英国で議論が交わされています。製造時のCO2排出量が鍵を握っています。

もくじ

製造時の環境負荷を打ち消すためには?
バッテリー製造時にCO2大量発生

製造時の環境負荷を打ち消すためには?

text:Jim Holder(ジム・ホルダー)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

EVの製造に必要なエネルギー量と大気中に排出されるCO2は、ICE(内燃機関)車よりも多いという話は以前から議論の的となっている。昨年末、英国ではアストン マーティンやホンダが関与する「報告書」が大きな話題を呼んだ。

様々な自動車メーカーやサプライヤーの協力を得て行われた調査によると、製造時の消費エネルギーを相殺するためには、EVを約7万7000km走行させる必要があると推定されている。

アストン マーティンは現在、EVを生産していない。
アストン マーティンは現在、EVを生産していない。

著名なEVアナリストのアウケ・フックストラは、製造効率から利用可能なグリーンエネルギーの組み合わせまですべてを計算し、約2万6000km近いと推定する。

2020年11月、アストン マーティンやボッシュ、ホンダなどが関与したEVの性能に関する報告書について、「意図的にEVの性能を低く見せ、政策に影響を与えようとしている」としてタイムズをはじめとする英国の各紙が報じた。エンジン嫌いともいわれるガーディアン紙は、一面にこの記事を掲載した。

関係者にとっては見苦しいニュースだったが、この記事により、EVの製造時に必要なエネルギーとCO2排出量について議論が再燃した。

バッテリー製造時にCO2大量発生

EVの製造時、ICE車よりも多くのCO2が発生する。これを相殺する唯一の方法はEVを運転することであり、どれだけ早く相殺できるかは電力の生産方法にかかっている。

CO2の多くはバッテリー製造時に発生している。フォルクスワーゲンの報告によると、EV製造時に排出されるCO2の約40%がここで発生していることが示唆されている。これは、鉄鋼(18%)、アルミニウム(6%)、電気モーター(5%)の製造から発生する量の2倍以上だ。

話題の報告書についてホンダは、「EVだけでない複数の技術でアプローチする報告書の趣旨に賛同」しただけとし、内容への関与を否定している。
話題の報告書についてホンダは、「EVだけでない複数の技術でアプローチする報告書の趣旨に賛同」しただけとし、内容への関与を否定している。

もちろん自動車メーカーは、世界的な排出量目標の圧力を受けて、これを削減しようと努力している。あらゆる段階でグリーンエネルギーを使用するとともに、工場の効率化を図っているのだ。こうしたアプローチを実施するために、膨大な時間と投資が必要になることは間違いない。

英AUTOCAR編集部では、約2万6000kmがベストなシナリオで、約7万7000kmが最悪のシナリオとみている。しかし、この数字は採掘技術、製造方法、エネルギー源などによって変化し続けるというのが実情だ。

クルマの平均寿命は8年と15万マイル(約24万km)である。CO2の観点から見ると、EVの方が有利なのだ。