シボレー・コルベットZ06

公開 : 2014.01.14 20:40  更新 : 2017.06.01 02:14

シボレー・コルベットC7のハイ・チューン・バージョン、Z06がデトロイト・モーターショーで発表された。ハイ・パフォーマンス・バージョンであるZ06は、1963年のC2コルベットから使用されるネーミングで、C5とC6にも登場したモデルである。

新しいZ06は、初めてリムーバブル・ルーフ・モデルに設定されたもので、スーパーチャージドV8ユニットと、8速オートマティックを備える。

エンジンは6.2ℓのLT4。少なくとも625bhp、87.8kg-mのパワー、トルクを持つダイレクト・インジェクションV8だ。ドライサンプで、10.0:1の圧縮比、チタン製のインテーク・バルブ、鍛造アルミニウム・ピストン、機械加工されたコネクティング・ロッドを持つ。スーパーチャージャーはコンパクトな1.7ℓのイートン製で、スタンダードなLT1エンジンよりも僅かに25mm高いだけである。これによって、重心が低く抑えられ、ハンドリング・キャラクターの向上にも繋がっているという。

シボレーはまだZ06のパフォーマンスを発表していないが、恐らく0-96km/h加速3.4秒、トップスピード330km/hという値となろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事