プジョー208 1.4HDi EGC

公開 : 2012.05.26 17:17  更新 : 2017.05.29 19:01

■どんなクルマ?

1983年に大成功を収めたプジョー205の様々な名声と、優れた経済性に対する評価を、このディーゼル208で取り戻そうとしている。205のディーゼル・エンジンはノーマル・アスピレーションであったものの、ディーゼル・スーパーミニをポピュラーにするのに大きな役目を果たしたものだ。

現在208には3つのディーゼル・ターボ・エンジンが搭載される。エントリー・レベルの67bhpを発揮する1.4リッターは、1-100km/h加速13.5秒というパフォーマンスを発揮する。

ロボタイズ5速ギアボックスは、29.4km/lの燃費と87g/kmのCO2排出量をマークし、5速マニュアルでも26.3km/lの燃費と98g/kmのCO2排出量をマークする。

■どんな感じ?

プジョーの保守的なロボタイズ・ギアボックスは508 1.6 HDiよりも良い仕事をする。208のロボタイズ・ギアボックスは、明らかにライバルたちのデュアル・クラッチよりも良い。

日曜の午後のように怠惰なシフトをしたとしても、十二分な加速を示してくれる。一方、パドルシフトを必死に操ってエンジンのミッド・レンジを上手く使えば、より元気に走らせることができる。もちろん、熱いドライバーはマニュアルを選ぶだろうが。

1.4 HDiのコーナリング・パワーは悪くはない。但し、その小さなホイールに起因するあまりにも尖ったステアリング・フィールも含めて、路面状況を伝えるには情報不足ではある。

インテリアでは、ステアリング・ホイールに隠れてしまう奇妙な計器類がいらいらさせる原因となった。

■「買い」か?

この208は乗り心地がよく、よく仕上げられていて、洗練された1台であると言えよう。例えフィエスタやポロのほうが洗練されているとしても。

(リチャード・ブレムナー)

プジョー208 1.4HDi EGC

<td30.8km/l

価格 14,595ポンド(182万円)
最高速度 162km/h
0-100km/h加速 13.5秒
燃費
Co2排出量 87g/km
乾燥重量 1060kg
エンジン 4気筒1398ccターボ・ディーゼル
最高出力 67bhp/4000rpm
最大トルク 13.7kg-m/1750rpm
ギアボックス 5速ロボタイズド・マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記