【新世代グランドツアラー】フェラーリ・ローマ比較試乗 アストン マーティンDB11xベントレー・コンチネンタルGT 前編

公開 : 2021.07.10 09:45

FRでV8エンジンの、フェラーリ最新のグランドツアラー。2台のライバル、DB11とコンチネンタルGTとの比較を通じて、英国編集部がその能力を確かめます。

多様化する近年の高級スポーツカー

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
スポーツカーという乗り物は、個人的な好みが選択を大きく左右する。ワインならアルゼンチン、ステーキならミディアムレアを好む人がいるように、自分だけのコダワリがあるはず。

同時に近年の高級スポーツカーは多様化が進み、それぞれが強い魅力を備えている。コレという1台に絞り込むのは簡単ではない。

フェラーリ・ローマとアストン マーティンDB11 AMR、ベントレー・コンチネンタルGT V8
フェラーリ・ローマとアストン マーティンDB11 AMR、ベントレー・コンチネンタルGT V8

AUTOCARの編集部なら、どうやって1番の推しメンを選ぶだろう。最速モデルを選ぶべきか、時代に合わせてハイブリッドが良いか。1番軽量なものも悪くないし、重くても純EVというのもアリだ。ワイルドでハードコアなモデルもある。

筆者ならできるだけ多くの車種を運転して、社会的な思想や罪悪感を捨て去り、1番夢中になれるクルマを選びたい。それでも契約書へサインする前に、どれだけ自身の環境で運転できるのか慎重に考える必要はある。どのブランドを選ぶにしろ。

現在のスポーツカー市場の選択肢は幅広い。そして選ぶ時に忘れてはならない核心こそ、現実的にどれだけ乗れるのか、乗れないのかということだ。

日常的な使いやすさほど、オーナーとしての喜びに影響を与えることはないと思う。単純なことだが、スポーツカーのカテゴリーでは忘れられがちなことでもある。個人的な感覚で、その尺度も変わってくるとは思うが。

グランドツアラーのセンターへ返り咲き

そんな利便性を求めて生まれたのが、スポーツ・グランドツアラーという考え方。より乗りやすいスポーツカーだ。エキサイティングでスペシャルで、ラグジュアリー。充分な利便性も兼ね備え、より長時間楽しめる機会を与えてくれる。

筆者は、スポーツ・グランドツアラーというクルマが大好きだ。最新のグランドツアラーは、日常生活に難なく馴染める。当初からそれを前提にデザイン、設計されている。ブランドによって、完成した姿がまったく異なっていても。

フェラーリ・ローマとアストン マーティンDB11 AMR、ベントレー・コンチネンタルGT V8
フェラーリ・ローマとアストン マーティンDB11 AMR、ベントレー・コンチネンタルGT V8

中でも別格といえるのが、最新のフェラーリ・ローマ。V8ターボでフロントエンジン・リアドライブのフェラーリは、輝く特徴と若々しさを備え、ダイナミックな訴求力を両立させている。英国価格は17万ポンド(2618万円)なり。

どんなライバルとも、明確に異なる。今回比較するために連れ出した、最も接近しているベントレーやアストン マーティンのモデルとも。

デイトナや250 GT、550マラッネロなど、古くからグランドツアラーを生み出してきた歴史を有するフェラーリ。刺激に重点が置かれたスーパーカーばかりに目がゆき、最近はこのカテゴリーで過小評価されていたように思う。

フロントにV型12気筒を収めた上級モデルは、ニッチな存在に落ち着いている。だが最新のローマは、フェラーリをスポーツ・グランドツアラーというカテゴリーでセンターの位置に返り咲かせた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事