【全長5m超】ランドローバー・ディフェンダー130 ロングバージョンの試作車発見 2022年登場か

公開 : 2021.07.01 18:45

ディフェンダーのロングホイールベース仕様「130」のプロトタイプを発見。8人乗りの最上位モデルです。

ディフェンダーの最上級仕様

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ランドローバーは来年、ディフェンダーのラインナップを拡充し、ホイールベースを延長した130を導入する予定だが、その姿が初めて欧州の公道で目撃された。

AUTOCARが入手した画像では、英ウォリックシャーにあるランドローバー本社の近くでカモフラージュされたプロトタイプが走行しており、最終的なスタイリングと生産準備が整っていることが伺える。

ランドローバー・ディフェンダー130のプロトタイプ
ランドローバー・ディフェンダー130のプロトタイプ    AUTOCAR

正確な発売日はまだ確定していないが、リークされた社内プレゼンテーション情報では、2022年に登場することと、110よりも1席多い8人乗りになることが確認されている。

130はディフェンダーシリーズの「プレミアム・エクスプローラー」として位置づけられている。エントリーモデルの90は「イメージアイコン」、110は「ディフェンダーの決定版」とされている。そのため、130は他モデルに比べてかなりの価格プレミアムがつく可能性が高い。

試作車は3.0L直6ハイブリッド搭載

先代のディフェンダー130は、110よりもホイールベースが延長されていたが、新型ではリアオーバーハングが目に見えて大きくなり、全長は5.1mとなった。これは110よりも342mm、メルセデスGクラスよりも227mm長い。

今回目撃されたプロトタイプには、ランドローバーが新たに開発したマイルド・ハイブリッドの3.0L直6ガソリンエンジンが搭載されている。このパワートレインは、ディスカバリーで最高出力360ps、0-100km/h加速は6.5秒をマークしているが、130にはPHEVのP300eや最高出力550psのスーパーチャージャー付きV8を含む、あらゆる種類のディーゼルおよびガソリンエンジンが搭載されると予想される。

ランドローバー・ディフェンダー130のプロトタイプ
ランドローバー・ディフェンダー130のプロトタイプ    AUTOCAR

ディフェンダーのバリエーションとしては、フォード・レンジャーやフォルクスワーゲン・アマロックに対抗するピックアップトラックの登場も期待されている。

ビークルプログラムのエグゼクティブ・ディレクターであるニック・コリンズは、ディフェンダーのピックアップには「構造上の制限はない」と語り、ランドローバーがディフェンダーを完全な「ファミリー」として販売するという意図に言及して、そのようなモデルの可能性を示唆した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事