次世代フォード・フォーカスもファストバック・スタイルを保持

公開 : 2014.03.14 22:00  更新 : 2017.06.01 02:13

次世代の第4世代となるフォード・フォーカスも、ファストバックのシルエットを保持することになりそうだ。

フォードのグローバル・デベロップメント責任者でもある副社長、ラジ・ナイールは、2017年にデビューする予定の新しいフォーカスのデザインについてはまだ検討中であるとしているが、先週のジュネーブ・モーターショーで公開された大幅なフェイスリフトを受けたフォーカスのスリークなクーペ・スタイルが最も好まれる姿だと語っている。

ナイールはフォーカスが成功したモデルであるという。それは、現時点ではベストセラー・モデルになっているからだ。一方、フィエスタはライバルであるフォルクワーゲンの後を追うカタチで、過去を捨てたスタイリングをとった。

ナイールは、デザインが重要であると考えている。「ユーザーの多くは、スタイリングのようなエモーショナルな理由でクルマを選んでいるからだ。」としている。

ちなみに、フォードはフォーカスSTのディーゼル・バージョンをそのラインナップに加える予定があるという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事