【ドリフト可能!】新型アウディRS3 欧州で初公開 5気筒ターボ搭載の次世代ホットハッチ

公開 : 2021.07.20 06:05

RSシリーズ最少モデル「RS3」の新型がついにお披露目。コンポーネントの性能を突き詰めた最新モデルです。

日常的に使えるスポーツカー

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アウディは、ハードコアなハッチバック「RS3」の第3世代となる新型車のデザイン、技術、パワートレインを大幅にアップグレードした。

RS3は、ハッチバックとセダンの2タイプが欧州で発表され、それぞれ5万900ポンド(約770万円)と5万1900ポンド(約790万円)の価格で8月に発売される。年末には納車が始まる予定だ。

アウディRS3
アウディRS3    アウディ

パワートレイン

9年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞しているアウディの伝統的な2.5Lターボチャージャー付き5気筒エンジンが、今回の新型車にも搭載されている。

兄弟車であるRS Q3と同様に、最高出力400psを7速DCTを介して両軸アクスルに供給する。ハッチバック、セダンともに、停止状態から100km/hまでわずか3.8秒、最高速度280km/hに達し、メルセデスAMGの422psのA45 S 4マチックに匹敵する速さだ。

アウディRS3
アウディRS3    アウディ

新型RS3は、先代モデルよりも3kg-m多い51kg-mのトルクを2250~5600rpmで発生させることで、「低回転域からの加速がさらに速くなった」と謳われている。

さらにアウディは、1-2-4-5-3というユニークなシリンダー点火順序がもたらす「比類なきサウンド」を強調している。また、走行モードに応じて回転域の異なるポイントで開く、新しいノイズ・コントロール・フラップをエグゾーストに装備し、オプションのRSスポーツ・エグゾーストを装着することで、エンジン音を「強化」している。

シャシー

第3世代のRS3では、従来のリアディファレンシャルに代わり、電子制御式多板クラッチで構成されるトルクスプリッターを新たに採用し、リアアクスルへのパワー配分を改善した。

この新技術は、ハードなコーナリング時のアンダーステアを軽減するだけでなく、RSトルク・リアモードでは、必要に応じて最大18kg-mのトルクをリアホイールに送ることで、「制御されたドリフト」を可能にする。

アウディRS3
アウディRS3    アウディ

シャシーは、RS3専用のバルブシステム、よりレスポンスの良いショックアブソーバー、正確なステアリングを実現するホイールキャンバーの増加、ドライブトレインとサスペンション・コンポーネントの横方向の動きを監視してトルク出力をより適切に調整するモジュラー・ビークル・ダイナミクス・コントローラー(mVDC)など、先代モデルよりもアップグレードされている。

ブレーキキャリパーを6ピストン化し、前後ともにベンチレーテッド・ドリルド・ディスクを採用。フロントのディスクはセラミック製で、エンジンの性能向上に合わせてチューニングされている。キャリパーはグレー、レッド、ブルー、ブラックの4色から選択できる。

一部の市場では、RS3にセミスリックタイヤを装着し、サーキットでのパフォーマンスを向上させることができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事