【意外?】海外で売れている「意外な」日本車 3選

公開 : 2021.08.12 05:45  更新 : 2021.08.12 10:53

日本では徐々にフェードアウトしてしまったあのセダンなど、海外で「意外に?」人気の日本車を紹介します。

日本ではイマイチでも海外で人気のモデルが

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

もちろん買いやすい価格帯の実用車の方が多く売れるのは間違いないが、昨年2020年の登録車販売台数ランキングをみてみると、最も安いグレードであっても総額で400万円近い金額となるトヨタアルファードがランクインしているなど、一概に価格だけではない人気ぶりを垣間見ることができる。

そんな新車の販売台数だが、意外にも国によってその車種の人気がかなり異なっているのだ。

ホンダCR-V
ホンダCR-V

そこで今回は、日本ではそこまでの人気とはいえないが、海を渡れば大人気という車種をいくつかピックアップしてご紹介したい。

アメリカで大人気 ホンダCR-V

世界的に大流行となっているクロスオーバーSUVの人気はまだまだ衰え知らずといったところで、日本でもトヨタ・ハリアーがランキング上位に食い込むなど、価格帯を考えれば大健闘といった状態だ。

しかし、自動車大国アメリカに目を向けてみると、2020年最も売れたSUVであるトヨタ RAV4に肉薄するほどの販売台数を記録しているのが、ホンダCR-Vなのだ。

ホンダCR-V
ホンダCR-V

アメリカで人気があるイメージが強いトヨタ・カムリを上回る販売を記録したCR-Vは、基本的には日本で販売されているものと同じく、1.5Lターボと2Lハイブリッドというラインナップ。

そもそも現行型CR-Vが北米市場を強く意識して開発されたモデルであるとはいえ、日本では販売台数ランキング上位50台にも入っていない現状を見ると寂しい限りだ。

インドで圧倒的 スズキ「スイフト」のセダン

日本では軽自動車のイメージが強いスズキだが、インドでは現地の子会社であるマルチ・スズキ社がトップシェアを誇る人気となっている。

当然インドには軽自動車規格は存在しないため、人気の中心はコンパクトカーとなるが、中でもセダンボディは格上というイメージがあるらしく特に人気が高い。

スズキ・ディザイア
スズキ・ディザイア    マルチ・スズキ

中でも日本でもおなじみのスイフトをベースとしたコンパクトセダンの「ディザイア」は、インドで最も売れているセダンとなっているのである。

このディザイアは現行型で3代目となるモデルで、初代と2代目は「スイフト・ディザイア」として、まさにスイフトのリアを無理やりセダンにしたようなフォルムを持っていた。

しかし、現行型はスイフトのイメージは踏襲しながらもAピラー以降を専用設計したことで破綻のないデザインとなっているのだ。

搭載されているのは日本でもおなじみの1.2LのK12B型デュアルジェットエンジン。

これに5速のMTか5速のAGS(オートギアシフト)が組みあわされている。以前は1.3Lディーゼルエンジンもラインナップされていたが、2020年モデルからは廃止された。

ちなみにせっかくセダン化したのに非常にミニマムなトランクとなっている理由は、インドでは全長が4mを超えると大幅な物品税が課せられてしまうため。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×