第3世代のヒュンダイix35

公開 : 2014.05.16 22:10  更新 : 2021.03.05 21:39

ヒュンダイは、日産キャシュカイやスコダ・イエティのライバルとなるix35の第3世代の開発を行っている。来年には最終的なプロダクション・モデルが登場する予定だが、現時点ではテクニカル・デベロップメント・センターのあるニュルブルクリンク周辺の一般公道およびサーキットでのテストが実施されている。

まだ重いカモフラージュがされているので、そのスタイルをはっきりと掴むことはできないが、2009年にデビューした第2世代とはかなりそのスタリングは変更を受けることになりそうだ。フロント・エンドにはix25の影響を受けていることもわかる。ix25はよりSUV的なスタイリングだが、それでもラップラウンドしたランプやテーパーしたウインドーなどが特徴的だ。また、リアにはデュアル・エグゾーストを見ることもできる。

エンジンは、142psから172psまでのガソリンと、118psから187psのディーゼルがラインナップされる模様。また、フューエル・セル・エンジンも計画されている。ヒュンダイは2015年にフューエル・セル・モデルを限定ではあるが発売すると公言しているからだ。

価格は明らかにされていないが、現行モデルに対して若干高くなる程度と予想される。エントリー・モデルは£17,000(290万円)からとなろう。

関連テーマ

人気テーマ