シボレー・コルベット一部仕様変更&価格改定 外装色/内装色を追加

公開 : 2021.12.08 06:45

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「シボレー・コルベット」の一部仕様変更、および価格を改定しました。

外装色/内装色の追加も

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、コルベット史上初のミッドシップエンジンを搭載、右ハンドルを導入し、2021年にデビューした「シボレー・コルベット」の一部仕様変更、および価格を改定し、全国のシボレー正規ディーラーネットワークで2021年12月7日から販売を開始した。

エクステリアカラーは、ブラックなど新色を追加し、6色から8色に拡大するとともに、エクステリアカラーの有償色設定を廃止した。

シボレー・コルベット
シボレー・コルベット

インテリアカラーは従来の1色から4色にカラーバリエーションを広げた。

このほか、シートベルトカラーの追加(2LT/3LTクーペ)や、ブレーキキャリパーカラーの変更(コンバーチブル)など、カラーリングの選択肢がより豊富になった。

さらに、立体駐車場や急な上り勾配にも瞬時に対応できるフロントリフト機構を「クーペ2LT」にも設定。

価格(税込)は、「クーペ2LT」が、1250万円、「クーペ3LT」が1450万円、「コンバーチブル」が1600万円。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

gmの人気画像