【特注5.5L V8エンジン】新型シボレーZ06発表 コルベット最強モデル 最高出力680ps

公開 : 2021.10.28 11:55

シボレー・コルベットの高性能モデル「Z06」が登場。ミドシップの高回転型V8エンジンを搭載しています。

ノンターボの高回転型V8ユニット

シボレーは、新型コルベットの最上位モデルである「Z06」を発表した。性能を向上させた特注の高回転型エンジン、ユニークなスタイリングパッケージ、および一連のアップグレードが施されている。

初のミドシップモデルとなる新型Z06は、標準モデルに搭載されている6.2L V8ではなく、コルベットでは初となるデュアルオーバーヘッドカムとフラットプレーン型クランクシャフトを採用した自然吸気5.5Lエンジン「LT6」を採用している。

新型シボレーZ06
新型シボレーZ06    シボレー

シボレーのレーシングカー「C8.R」に搭載されているユニットと密接な関係にあるこの新エンジンは、「これまでに製造された自然吸気の市販V8エンジンのパワーを超える」ことを目標に開発された。最高出力680ps、最大トルク63.5kg-mを発揮し、フラットプレーンクランクとショートストロークピストンの採用により、レッドラインが6500rpmから8600rpmに引き上げられている。

走りに特化した高性能バージョン

既存の6.2Lエンジンとの違いは、新しいアルミニウム製シリンダーブロック、専用のステンレス製エグゾーストマニホールド、デュアルコイル・バルブスプリング、鍛造チタン製コンロッドなどが挙げられる。

シボレーはまだ性能の詳細を明らかにしていないが、コルベット・スティングレイの0-100km/h加速2.9秒、最高速度298km/hを上回ることは間違いない。

新型シボレーZ06
新型シボレーZ06    シボレー

Z06はエンジン以外にも、ラップタイム短縮のためにさまざまな面で強化されている。ワイドフェンダー、大型エアベント、大型リアウィング、レース用フロントスプリッターなどのエアロパーツを採用し、標準モデルとは異なる外観となっている。

さらにシボレーは、ブレーキ、サスペンション、ホイール、タイヤを大幅に改良し、俊敏性を向上させた。

オプションのZ07カーボンファイバー・パッケージと軽量ホイールを装着した場合、重量は1561kgとなり、標準のコルベット3LTよりも約100kg軽くなる。

シボレーは右ハンドル仕様を英国に導入することを明らかにしている。2022年夏に米ケンタッキー州ボウリンググリーンで生産を開始し、価格は近日中に発表する予定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事