時代を先取ったアウディA2 20年目の再会 いまだ新鮮さは失わず

公開 : 2019.07.06 09:50

登場から20年となるアウディA2に、このクルマのデビュー当時盛んに再開発が行われていたロンドンのグリニッジ半島でふたたび出会いました。時代を先取りし過ぎたモデルと評価されているA2ですが、その新鮮さは、20年がたったいまも失われていないようです。

もくじ

220年の歳月 大胆な試み
アウディの声明 「3リッターカー」
優れたスペース効率 ミニマリスト
エンジンだけが時代遅れ 比類なき先進性
番外編1:AI: MEコンセプト
番外編2:登場が早すぎた? 先進のモデルたち

20年の歳月 大胆な試み

イーストロンドン一帯が単なる空き地に過ぎなかったころのことを語れるほどの年齢ではないが、グリニッジ半島がセメントとクレーンで一杯だったころのことは覚えている。当時、2000年1月の正式オープンに向け、ミレニアムドームの建設が突貫工事で進んでいたちょうど20年ほど前に、この場所で写真撮影を行ったのだ。

当時、ドームはまるで巨大なサーカステントのように見えたが、まさにそのとおりの存在だった。荒涼とした埋め立て地にある工業団地の真ん中に屹立していたこのドームだったが、いまやO2アリーナへと名を変えており、その周囲は、A2と同じアングルでドームを撮影できるポイントを探すのに、カメラマンが苦労するほど徹底的に開発が行われている。

この時代を先取りしたスーパーミニがアウディから登場してちょうど20年であることを考えれば、A2こそO2に相応しい存在と言えるだろう。

時代に先行したモデルを取り上げようと決めたとき、多くの素晴らしい候補が存在したが、そのなかでも勝者は明らかだった。


1999年当時、A2はあまりにも斬新なモデルであり、いまだに世界はこのクルマに追いつこうとしているだけのように感じられるほどだ。今年の上海モーターショーで、アウディは同じようなボディサイズを持つAI:MEを公開しているが、このクルマがA2よりも魅力的だとは決して思えない。

だが、ドームと同じくA2も失敗作だとされている。多額のコストを掛けて準備したにもかかわらず、ミレニアム・エクスペリエンスと銘打たれた展覧会にひとびとが殺到することはなく、来客数が目標の半分にも届かないまま、このイベントは2000年末をもって巨額の赤字を抱えた終了し、その後ドームは一旦閉鎖の憂き目に会っているのだ。

2005年まで販売が継続されたことで、A2はドームよりも長命を保ったものの、その高額なプライスタグと足りない実用性が足枷となり、セールスは低調なままだった。

それでも、A2は非常に大胆な試みだった。1997年、アウディからアルミニウム製ボディを持つスーパーミニのコンセプトが発表されても、実際に量産されると考えたものはほとんどいなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事