新型ルノー・オーストラル プロトタイプ公開 主力の中型SUV、春頃発表予定

公開 : 2022.01.08 18:25

ルノーは、カジャーの後継となる新型SUV「オーストラル」の試作車を公開。開発は最終段階に入っています。

南国の活気を帯びた「オーストラル」

ルノーが開発中の新型SUV「オーストラル(Austral)」の公式画像が公開された。現行モデルのカジャーの後継車種となる見込みで、開発の最終段階に入っていることがわかる。

公開されたプロトタイプには、新しいルノーのロゴが目を引くカラーリングが施されている。ルノーによると、このモデルは今後、100台のテスト車両による計200万kmのテスト走行が行われるという。

ルノー・オーストラルのプロトタイプ
ルノー・オーストラルのプロトタイプ    ルノー

テストはフランス、スペイン、ドイツ、ルーマニアで行われ、900人のドライバーが一般道を60万km、サーキットを140万km走行し、新開発のCMF-CD3プラットフォームの調整点を探る。また、防音性やサスペンションの快適性、改良されたパワートレインもテストされる。

正式発表は今春を予定。ルノーは、「南国の活気と熱気、自然の静けさと喜び、そして広大な空間が無限の可能性を感じさせる」と述べている。

欧州ではこれまでにもカモフラージュされたプロトタイプが目撃されており、ルノー・メガーヌEテック・エレクトリックと同様、新時代のデザイン理念を示すべく新しいスタイリングが採用されることがわかっている。

プロトタイプでは、スリムなLEDヘッドライト、コンケーブ状のグリルデザイン、完全に形を変えて再配置されたエアインテークが確認できる。外観だけでなく、インテリアの質感向上、最新技術の搭載、選択肢豊富なパワートレイン設定などが期待される。

PHEVも登場の可能性あり

2015年から販売され、2019年にフェイスリフトを受けた現行モデルのカジャーは、依然として欧州で最も売れているSUVの1つだ。ルノーは後継車種でも同様の商品力を維持するため、デザイン責任者のローレンス・ヴァン・デン・アッカーの下で進行中の「インテリア革命」に沿ってインテリアを刷新する予定だ。

斬新な配置のタッチスクリーン(最上級モデルでは大型で縦長)を中心に、クラストップの素材品質とクリーンなデザインを追求するという。アンビエントライトや上質なトリムなど、高級感を演出するための装備も期待できる。

ルノー・オーストラルのプロトタイプ
ルノー・オーストラルのプロトタイプ    ルノー

オーストラルに採用されるプラットフォームは、日産キャシュカイにも採用されているCMF-Cプラットフォームの最新版だ。通常のエンジン車に加え、プラグイン・ハイブリッド仕様やマイルド・ハイブリッド仕様も用意されるだろう。

キャシュカイに搭載される「eパワー」は、日産車に限定されるようだ。オーストラルでは、キャプチャーと同じEテックが採用され、1.6Lガソリンエンジンに電気モーターと9.8kWhバッテリーを組み合わせる。約160psを発揮し、燃費は80km/lと謳われている。

詳細については春頃の発表を待ちたい。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像