BMW 8シリーズ 改良で2022年モデルへ 装備充実、新カラーも追加 3月に一般公開予定

公開 : 2022.01.26 18:25

BMW 8シリーズとM8が改良を受け、Mスポ・パッケージが標準装備となるなど仕様向上が図られました。

Mスポ・パッケージを標準装備

BMWは、改良型の8シリーズとM8(クーペ、カブリオレ、グランクーペ)を発表した。両モデルは3月上旬、米国で開催されるエメリア島コンクールで一般公開される予定だ。

2022年モデルとなった8シリーズには、これまでオプションだったMスポーツのスタイリング・パッケージが標準装備されている。

BMW 8シリーズ
BMW 8シリーズ    BMW

このパッケージでは、アグレッシブなフロントバンパーにリヤディフューザー、新デザインの19インチホイールを採用する他、6気筒モデルにはブルーキャリパーを備えた強化ブレーキなど、Mデザインの特徴的要素が数多く追加される。

よりパワフルなV8モデルにも同様の装備が施され、フロントスプリッター、サイドミラー、リアスポイラー、ディフューザーが「ダーク・シャドウ・メタリック」カラーとなっている。また、新しい20インチホイールとMスポーツ・ディファレンシャルも標準装備される。

新しいカラーとホイールの追加

上級モデルのBMW M8には、シャドー・ラインを含む一連の新カラーと、新デザインの20インチMスポーツ・アルミホイールが採用された。

8シリーズとM8共通で、イルミネーション・グリルがオプションで用意されている。これは改良前のモデルに見られるデザインを軽く変更したもので、「アイコニック・グロー」パッケージと組み合わせて設定される。

BMW M8グランクーペ
BMW M8グランクーペ    BMW

グリルエレメントごとにイルミネーション・サラウンドと「ウォーターフォール」ライティングが施されるものだ。ドアを開けると点灯し、手動でオフにすることも可能。

また、BMW Mの設立50周年を記念して、8シリーズとM8の全モデルにはクラシックな青、紫、赤のMエンブレムがオプションで用意されている。

車載ディスプレイも大型化

インテリアでは、6気筒モデルにはマルチコンターシート(フロント)を標準装備。インフォテインメント・ディスプレイは、従来の10.25インチから12.3インチに大型化された。

パワートレインとして、840i xドライブには最高出力338psのターボチャージャー付き3.0L直列6気筒ガソリン、M850i xドライブには530psのターボチャージャー付き4.4L V8、840d xドライブには340psのターボチャージャー付き3.0L直列6気筒ディーゼルを搭載する。

BMW 8シリーズ・クーペ
BMW 8シリーズ・クーペ    BMW

一方、M8では引き続き600psのツインターボ4.4L V8エンジンを搭載するが、コンペティションモデルでは620psに引き上げられ、0-100km/h加速タイムは3.2秒となる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像