特別装備の限定車 フォード・マスタングに「カリフォルニア・エディション」設定 欧州

公開 : 2022.03.09 06:05

初代シェルビーGTにインスパイアされた、マスタングの限定仕様車が登場しました。コンバーチブルのみに設定。

1967年のシェルビーGTにインスパイア

欧州で販売されるフォードマスタングに、エクステリアデザインの変更と装備のアップグレードを施した限定車「カリフォルニア・エディション」が追加された。価格は5万2105ポンド(約790万円)からとなっている。

マスタング・カリフォルニア・エディションのコンセプトは、1967年のシェルビーGTのプロトタイプ「カリフォルニア・スペシャル」をベースにしている。当時のオリジナル車は、グリル、フォグランプ、サイドレーシングストライプをすべてブラックで仕上げたほか、専用スポイラーとリアサイドエアースクープを装備していた。

フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション
フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション    フォード

今回の限定仕様車はコンバーチブルにのみ設定される。主な変更点は、エボニーブラックのハニカムフロントグリル、ロアサイドストライプ(ブラック、レッド、グレー)、専用バッジ、19インチホイール、デカールの採用など。また、強い日差しの下でしか見えない「California Special」のロゴが施されている。

フォードによると、大型のフロントスプリッターに加え、オプションでリアサイドエアースクープを装着することで、空力性能を向上させるという。

5.0L V8で最高出力449ps 10速AT搭載

インテリアでは、グレーのスエード調素材で仕上げられたヒーター&クーラー付きシート、12インチのデジタルメーターディスプレイ、アルミニウム仕上げのインストゥルメント・パネルを装備している。

ボディカラーは、グラバーブルーやサイバーオレンジなど9色を用意し、ブラックのコンバーチブルルーフとのコントラストが特徴だ。

フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション
フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション    フォード

搭載するパワートレインは、最高出力449psと最大トルク53.8kg-mを生み出す5.0L V8エンジン。10速ATと組み合わせ、0-100km/h加速4.5秒を達成する。

運転する喜びとオープンカーの自由

フォード・マスタングのチーフ・プログラム・エンジニア、マティアス・トンは次のように述べている。

「(オリジナルの)カリフォルニア・スペシャルは、米国におけるマスタングの歴史に大きな伝説を残しており、マスタングの象徴である運転の喜びとオープンロードの自由を表しています」

フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション
フォード・マスタング・カリフォルニア・エディション    フォード

「これらの理想は、欧州のドライビング・エンスージアストの間でも強い反響を呼んでいます。スタイル、パフォーマンス、運転の楽しさを融合したユニークなカリフォルニア・スペシャルを、欧州のお客様に体験していただく時が来たのです」

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォード マスタングの人気画像