メルセデスCクラス・プラグイン・ハイブリッドは2015年デビュー

公開 : 2014.07.17 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

2015年に登場する予定のメルセデス・ベンツCクラスのプラグイン・ハイブリッドの少しずつ明らかになってきた。

エンジンはC250から流用される210psの2.0ℓターボ・ユニットであることが確定した。これに68psを発揮する電気モーターが組み合わせられるということだ。ちなみに、モーター単独で52kmの走行が可能だとう。またNEDCエミッションで50g/kmよりも良い数字を叩き出すモデルであるという。

C350プラグイン・ハイブリッドというネーミングとなるこのモデルは、ボディ・タイプはサルーンのみで、主に中国と北米市場向けに販売される。価格はガソリン・モデルのC400よりも高価になるという。

テスト中のスパイ・ショットでは、後部のパンパーにチャージ・コネクターが配置され、アクティブ・グリル・シャッターが新たに採用されることがわかった。このアクティブ・グリル・シャッターは暖気時間を短くするのと共に、ドラッグを減らす効果があるものである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事