BMW M4 vs BMW M235i vs アルピナB4ビターボ

公開 : 2014.08.25 23:50  更新 : 2017.05.29 19:33

小さくて速いBMWと言えばM3。そう断言できたのは今となっては昔の事。

M社が作る2ドア3シリーズはM4へと名前を変更。ブーフローエに拠点を置くアルピナはディーゼルとガソリン・エンジンのパフォーマンスカーを擁し、さらには3シリーズの弟分である2シリーズもM235iが猛威をふるう。

アルピナB4に至っては、M4との価格差は£200(2万9千円)しかない。0-100km/hタイムはわずか0.1秒差、車重は3kgしか変わらない。それにエンジンも3.0ℓツインターボ直列6気筒と同じとくれば、どちらが優れているかなど簡単に結論がだせるわけがない。

両者が870万円台を超えるところに、500万円をわずかに上回るM235iが加われば、評価は更に難を極める。約400万円の価格差は、テストの結果となって明確に現れるのか、あるいは価格差を物ともしない大健闘に終わるのか。こればかりは乗ってみるまで分からない。

スマートな2台の4シリーズとともに駐車するM235iを見てみると、やはりずんぐりとしている印象は拭えない。1台だけでみると、なかなかよく見えるのだが、4シリーズのバランスが優れるだけだけに18インチのアロイ・ホイールさえも浮いて見えるのだ。

キャビンに関しても、ほとんど同じ構造を持っているのだが、やはりカーボンやピアノ・ブラックのパネルをもつ兄貴分をみると、どこか高級感に欠ける。

一方後方のスペースは、予想するほど狭くはなく平均的な大人ならば、ごく普通に乗り込むことができる。しかしいざ前席を所定の位置に戻して小旅行に出かけるならば、その間じゅうずっと足元は制限され続けることになる。

エンジン音はここ10年間慣れ親しんできたBMWの直列6気筒の音そのもの。2基のタービンが回転することによって、ある種の勇ましさが付加されている。

出力は331psとなり、400psを上回る4シリーズ勢よりも控え目ではあるが、車重はそれらより80kg軽いため、パワー・ウエイト・レシオはさほどかけ離れておらず、トルク・ウエイト・レシオはかなり近いところにある。

過給機の圧縮比は3台ともに10.2:1となっているが、M235iのフィールはあくまで自然吸気のそれに近いもの。実際にターボを言われても、疑ってしまうほどアクセル・レスポンスはよく、世界レベルの完成度だと言っていい。

トルクが最大になるのはアイドリングからわずか上の1300rpm。さらにそこから上の回転数になるにつれて、線形的に出力が増していく。速さを明確に感じられる味付けと言え、実際も0-100km/hタイムは4.0から5.0秒の間となっている。

シャシーは登場して間もないにも関わらず、よく煮詰められている。LSDはM4では標準、B4では£1,890(28万9千円)と目玉が飛び出そうなほど高価なオプション、M235iもオプションのみの設定となる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×