メルセデス・ベンツCLA 改良新型 新デザイン採用、パワートレインも強化

公開 : 2023.01.20 18:05

メルセデス・ベンツは、CLAクーペ/シューティングブレークの改良新型を発表。フロントとリアのデザインを一新したほか、PHEVのパワートレインを強化。出力向上と航続距離延長を図っています。

デザイン変更 PHEVパワーアップ

メルセデス・ベンツは、CLAクーペとCLAシューティングブレークの改良新型を発表した。スタイリングを改め、標準装備を充実させたほか、電動パワートレインも強化している。

エクステリアとしては、フロントバンパー、ラジエーターグリル、リアディフューザーに新しいデザインを採用し、スポーティな印象を強めている。さらに、LEDハイパフォーマンス・ヘッドライトを標準装備とした。

メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク
メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク    メルセデス・ベンツ

ホイールには新しいデザインが追加されたほか、ボディカラーとして「ハイパーブルー(CLA専用)」と「スペクトルブルー」の2色を追加。オプションの選択肢を広げた。

インテリアでは、7インチと10.25インチのディスプレイを搭載し、車載システム「MBUX」も改良。アップル・カープレイ/アンドロイド・オートのワイヤレス接続機能を備えている。

持続可能性に配慮した内装材も新たに導入された。ステアリングホイールは標準ではナッパレザーを使用するが、オプションで人工皮革「ARTICO」を選べるようになった。シート表皮には人工皮革とファブリック(100%リサイクル素材)を組み合わせたものを使用する。

AMGラインでは、人工皮革とマイクロファイバー「MICROCUT」を組み合わせたシートを標準とし、リサイクル素材の使用率はシートミラーが65%、ボトムが85%となっている。

PHEV(プラグインハイブリッド)のCLA 250eでは、パワートレインに改良が施された。バッテリーの使用可能なエネルギー量が増加し、電気のみでの航続距離が延長されたという。クーペでは71~82km、シューティングブレークでは68~80kmとされている(いずれもWLTP暫定値)。

電気モーターの出力は5kW(6.8ps)向上し、80kW(109ps)となった。システム出力は160kW(218ps)。

充電機能も拡充されている。交流(AC)で最大11kWまで対応するようになり、直流(DC)は引き続き最大22kWの充電が可能。10%から80%まで約25分で充電できるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ CLAの人気画像