マクラーレンP1 GTRのコクピットが初公開

公開 : 2014.10.23 22:55  更新 : 2021.03.05 18:51

マクラーレンP1 GTRのコクピットが初めて公開された。ロード・バージョンのP1からストリップ・アウトされたもので、快適性と安全を犠牲にすることなく、より軽量化を果たしている。

ステアリング‥ホイールは、2008年のマクラーレンのF1マシン、MP4-23に使われたものをベースとしながらも、P1 GTR専用のもの。キー・コントロールは、ドライバーがステアリング・ホイールから手を離さずに操作できるように移動されている。また、DRSとIPASのスイッチは、ステアリング・ホイール上に残されている。

マクラーレンは、その操作がレーシング・スーツ、ヘルメット、そしてレーシング・グローブを装着した状態でも気持ちよくコントールできることに主体を置いたという。

シートはDTMツーリング・カーに似た軽量カーボンファイバー製で、実際にはオーナーに合わせて調整されシャシーに直接取り付けられる。これによって、ブラケットが不要となり、重量の軽減につながっているという。

エアコンは、ドライバーへの快適性をカットしないよう、P1 GTRでもそのまま使用される。

アップグレードされたパワーに合わせてピレリのスリック・タイヤが装着され、エアロダイナミクスに優れた固定式リア・ウイングなども装備される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事