爆速EVポルシェ・タイカン 足元を支えるピレリのニューモデル PゼロR/Pゼロ・トロフェオRS

公開 : 2024.04.21 11:45

・ピレリがポルシェ・タイカン用の2種の新しいPゼロでELECTレンジを拡大
・スポーティかつ効率的な日常走行のためのPゼロR
・ELECTテクノロジーがPゼロ・トロフェオRSでサーキットデビュー

ミラノ、2024年4月10日

ピレリPゼロRとPゼロ・トロフェオRS が、ポルシェタイカンのスタイルチェンジにあたり承認タイヤとして選ばれ、このシリーズの最もスポーティなバージョンであるタイカン・ターボGTで利用可能な唯一のタイヤとなると同社は発表した。

PゼロRはスーパーカーの日常走行向けに設計されており、Pゼロ・トロフェオRSは公道走行可能なセミスリックタイヤだという。

ポルシェ・タイカン用の新しいピレリ Pゼロ
ポルシェ・タイカン用の新しいピレリ Pゼロ

どちらのタイヤも今年初めに発売となり、この度、ポルシェ社と協力して車両のスポーツ性と効率性を高めるために特別にチューニングされた。

どちらのタイヤも電気自動車の特性に適した技術ソリューションの搭載を示すため、サイドウォールにElectマークが刻印されており、Electテクノロジーは、2019年に初代タイカンでデビューし、その後他のモデルにも広がった。

現在、ポルシェのラインナップには、マカンなどのさまざまなモデルでのポルシェ電動化に対応するように設計された Electテクノロジーを備えた30以上のピレリ技術承認タイヤが純正装着されている。

PゼロRによるドライビングプレジャーと効率性

ポルシェ・タイカンのダイナミックな品質とドライビングプレジャーを向上させるように設計されたこのモデル用に承認されたPゼロRタイヤは、日常的な走行に特化していると同時に、よりスポーティな外出にも適している。

この目標は、最も高性能なモデルのタイヤサプライヤーとしてのピレリの経験と、快適性やバッテリーの航続距離など、以前の車両モデルと比較して改良された側面を強調するのに役立つElectテクノロジーパッケージの開発により達成された。

ポルシェ・タイカン用の新しいピレリ Pゼロ
ポルシェ・タイカン用の新しいピレリ Pゼロ

2枚に重ねたカーカスにより、タイヤ構造は非常に剛性が高く、空力による荷重とバッテリーの存在によって特にリアにかかる重量を支えることが可能となったと同社は説明する。

これにより、高速走行時でも車が安定し、電気モーター特有の急加速に対処するために、強化構造に加えて、ピレリの特許取得済みの樹脂ブレンド技術により可能になったマルチコンパウンドトレッドも効果的に機能するという。

コンパウンド内の素材が相乗効果を発揮し、幅広い温度や路面でグリップ力を発揮して、濡れた路面でも高いパフォーマンスを提供。加えてトレッドパターンは騒音を最小限に抑えるように設計されており、転がり抵抗を低減するコンパウンドとトレッドパターンの組み合わせによってポルシェが要求する効率性を実現した。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事