ドライバーズカー選手権2014 / V8マッスルカー部門

公開 : 2014.11.07 23:56  更新 : 2017.05.29 19:50

いまだかつて、ハンドリングデーに並べられたクルマたちが、われわれの期待を裏切ったことは一度もない。それに、時代が進むにつれて、驚きの度合いはさらに強くなっている。また招集されたクルマたち以外にも、まだまだ魅力的なものはたくさん潜んでいそうだ。

この日が来るたびに、ピットレーンには色とりどりのクルマが並べられることに感謝しなければならない。

そんななか、今年は珍しいことが起こった。全12車種のラインナップのうち3台が、V型8気筒を積んだFRモデル – いわゆるマッスルカー – だったのだ。ジャガーF-タイプRクーペ、シボレー・コルベットC7、ヴォグゾールVXR8 GTS。どれもが、数周も走らないうちに、それぞれの良さを見せつけてくれそうだ。

パフォーマンスはもちろんのこと、ドロドロと轟くエンジンを聞けば、ある種のカリスマ性さえ感じる。しかし詳しく見ていけば、シボレーはお家芸ともいえる伝統的なスモール-ブロック・エンジンを載せていたり、ジャガーはやんちゃな5.0ℓのスーパーチャージド・エンジンを載せていたりと、キャラクターそのものは、それぞれ全く異なっているようだ。

F-タイプRのエグゾーストノートは、ただ単に大音量というだけでなく、’怒り’ ともとれる獣の雄叫びに近いものを感じる。実際のところはヴォグゾールの585psと75.5kg-mという値が、3台の中でトップクラスなのだけれど、生で聴いてみると、アメリカンV8よりも、少なくとも50%増しのパワーがありそうに思えてくる。

しかしながら乾燥重量を考慮に入れれば、F-タイプがトップに躍り出る。1トンあたりの出力は333ps。ヴォグゾールの319ps/トン、シボレーの303ps/トンと言う値に比べれば圧勝である。

ハンドリングデーにおいてラップタイムはあまり参考にはならないが、動力性能の甲乙は明らかになる。なぜならもっともパワー・ウェイト・レシオが小さいコルベットがジャガーのタイムと並ぶ結果となっているからだ。

この3台の中ではヴォグゾールが一番遅いという結果になっているが、それでもスポーツクーペ・カテゴリーに登場したBMW M4やポルシェ・ケイマンGTSよりも十分に速かった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事